アナログ入力2個PID 制御器 SIM960

アナログ入力2個PID 制御器
アナログ入力2個PID 制御器
アナログ入力2個PID 制御器
アナログ入力2個PID 制御器
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

入力
アナログ入力2個

詳細

SIM960アナログPIDコントローラーは、最も要求の厳しい制御アプリケーションを対象としたユニークな機器です。アナログ信号処理とデジタル制御の両方を兼ね備えており、両方の長所を生かした制御が可能です。高帯域幅(100kHz)の制御ループを、離散時間や量子化の影響を受けずに実装することができます。 低ノイズのフロントエンドは、レーザー出力や波長の安定化、極低温、走査型プローブ顕微鏡など、ノイズに敏感なアプリケーションに優れた性能をもたらします。また、最大1000倍までのゲイン設定が可能なため、入力プリアンプの必要性を低減し、柔軟性を高めることができます。また、SIM921 AC抵抗ブリッジと組み合わせることで、柔軟でコスト効率の高い温度制御ソリューションを提供します。 内蔵のランプジェネレータは、あらかじめ設定された開始点と停止点の間で電圧のスルーレートを制御することができます。出力は、システムの過負荷を防ぐために、ユーザーの上限と下限の範囲内でクランプされます。また、条件付き積分エレクトロニクスにより、積分コンデンサの巻上げを防止し、飽和状態からの回復を早めることができます。 フロントパネルからの制御により、システムパラメータの変更や入出力信号のモニタリングが容易に行えます。電源とシリアル通信は、SIM900のメインフレームと結合するD-sub15ピンのコネクターを介して行われます。すべての機器のパラメーターは、シリアルインターフェースを介して設定および照会が可能です。

---

Stanford Research Systemsのその他の関連商品

Scientific Instruments

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。