キセノンランプ光源 Lambda LS
UVコンパクト携帯型

キセノンランプ光源
キセノンランプ光源
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

照明技術
キセノンランプ
スペクトル
UV
その他の特徴
コンパクト, 携帯型
オプションとアクセサリー
顕微鏡用
消費電力

0.175 kW, 0.3 kW (0.23793 hp)

波長

最大: 650 nm

最少: 200 nm

詳細

ラムダLSは、キセノンアークランプ、ランプハウジング、コールドミラー、電源を一つの筐体に収めた独立型の照明装置です。ラムダLSは、液体ライトガイドと組み合わせて使用するように設計されています。液体ライトガイドは、非常にフラットで強力な照明を、ユーザーの顕微鏡やその他の機器の光学系に伝達します。ランプのキャビネットには、サッター社の標準的なフィルターホイールが収納されており、光路のスロットに簡単にスライドして出し入れできます。必要に応じて、2つ目のフィルターホイールをキャビネットの外側に取り付けることができます。適切なアダプターを使用すれば、ライトガイドの出力はほとんどの一般的な顕微鏡システムと互換性があります。 一般的な蛍光顕微鏡で使用されているアークランプとは異なり、175Wキセノンバルブは放物面鏡を使用して事前にアライメントされているため、アライメント、フォーカシング、コリメーションの必要はありません。標準構成では、Lambda LSは330nmからコールドミラーによる650nmのカットオフまでの光を出力することができます。オプションのエンハンスドUVバルブでは、さらに低い紫外域(カットオフは200nm付近)までの光出力を得ることができます。オプションの強化UVバルブは、他のUV光源と同様に大量のオゾンを発生させるため、十分な換気を行った環境で使用する必要があります。 ラムダLSは、電源、ランプハウス、アークランプ、コールドミラーを1つの筐体に収めたコンパクトな設計となっています。これにより、一般的なアークランプの設計では、遠隔地にある電源を使用した場合、高圧線の絶縁性が低下してランプの点灯ができなくなるという問題がありましたが、このシステムではそのようなことはありません。

---

ビデオ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。