摩擦スプリング 01800 series
円錐トランスミッション用

摩擦スプリング
摩擦スプリング
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

機能
摩擦
タイプ
円錐
応用
トランスミッション用
外部の直径

最少: 18.1 mm (0.7 in)

最大: 320 mm (12.6 in)

強度

最少: 5 N

最大: 1,250 N

詳細

摩擦ばねの主な機能は、導入されたエネルギーを減衰・吸収することです。摩擦ばねは、閉じた外輪と内輪で構成されており、それらは円錐面で噛み合っています。軸方向に導入されたエネルギーは、外輪と内輪を円錐面上で互いに押し付け合い、スプリングコラムを短くします。これにより、外輪は膨張し、内輪は直径が減少します。その結果、円錐面の摩擦が導入されたエネルギーを吸収し、熱に変換して放熱します。共振現象は完全に抑制されます。 摩擦ばねの原理。 摩擦ばねは、外輪と内輪で構成されており、特殊な潤滑剤を使用して円錐面で接触しています。 摩擦ばねに軸方向の力が作用すると、円錐面が互いに摺動し、外輪が増加(膨張)、内輪が減少(圧縮)します。円錐面は力と変位の伝達を引き起こします。この結果、リニアスプリングの図になります。 有効な円錐面はスプリングエレメントと呼ばれ、外輪と内輪が半々になっています。 摩擦スプリングは、同一の外輪と内輪から構成されています。要素の数を変えることにより、スプリングの移動量を変えることができ、スプリングの剛性を変えることができます。しかし、エレメントの数を変えても、最終的な力は同じです。スプリングトラベルとスプリングの長さだけが変化します。 リングタイプの選択は、スプリングの力と同様に外径と内径を決定します。スプリングの長さ、スプリングの移動量、仕事の吸収率はエレメントの数に依存します。

---

カタログ

typ 52
typ 52
2 ページ
3003
3003
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。