三相電力量計 S1MMmA500VHM
DINレールプログラム可能RS-485

三相電力量計
三相電力量計
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
三相
取り付け
DINレール
その他の特徴
プログラム可能, RS-485, 50 Hz, デジタル, インパルス出力, Modbus, 60 Hz, マルチファンクション, 内蔵型通信機能付, 住宅用, データロガー付き
電圧

500 V

最少: 0 V

最大: 700 V

詳細

Modbus統合されたRTU/RS485インターフェイスとの500V PPおよび普遍的なCTの入力までの3-phase Powermeter/Energymeter (5AACか333mV AC) 測定: - Irms、段階ごとのIpk - Vrms、段階ごとのVpk - 段階ごとの(w)アクティブな電源Pの合計及び - 段階ごとの無効電力Q (VAR)の合計及び - 段階ごとの皮相電力S (VA)の合計及び - 頻度 - 段階ごとの力率の合計及び - 二方向エネルギー(KWH) pos.及び陰性。;全体及び段階ごとに - 段階ごとの活動的な及び反応エネルギー(kVARh)合計及び - 段階ごとの波高因子の合計及び - 段階及び平均ごとのタン(ファイ)、(誘導/容量性) - 平均、全体及び段階ごとの力率 - 段階及びavgごとの力率のゆがみ(誘導/容量性) - THD (VのI) - 力測定:段階及び合計ごとに最低、平均及び最高 - 監視段階順序 - 15minutes上の、全体及び段階ごとの最高の要求 - 要求(1ヶ月あたりに)、全体及び段階ごとの最高の起こる時間 - 全体境界の上の及び段階ごとの時間 - Kの要因 - 63thまでの調和解析 - 63thまでのInterHarmonicsの分析 - SAGのうねり、電圧中断

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

TELE Haase Steuergeraete GmbHの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。