NB-IoT無線送信機 TSP 5G NR
LTEGSMWCDMA

NB-IoT無線送信機
NB-IoT無線送信機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

ネットワーク
NB-IoT, LTE, GSM, WCDMA, アナログ, ブロードバンド
特性
携帯型

詳細

TSPトランスミッターシリーズは、屋内外での信号カバレッジシミュレーション試験や信号干渉評価試験を行うための特殊な装置です。この装置の主な機能は、連続波信号、変調信号、干渉信号などの出力をシミュレートすること、つまり、実際の基地局が送信するパイロット信号をシミュレートすることです。装置の統合、便利な配置、高いテスト効率と低コストという特徴に基づき、テストシステム内の実際の基地局装置をシミュレートして置き換え、アナログ信号を実行します。 GSM、TD-SCDMA、WCDMA、LTE、NB-IoT、eMTC、LoRa、5GNR、CW信号(700MHz-6000MHz)、WGN出力をサポート。 スイープ干渉モード、パルス干渉モード、ブロードバンド干渉モード、ナローバンド干渉モードをサポートし、干渉源として北斗システムのテストに適用可能 0〜43dbm(20W)、0.5dB刻みの調整が可能なハイパワーレギュレーション 変調帯域:100MHz 外部バッテリーで5〜8時間の動作が可能で、屋外の複雑な環境に適しています。 Broadband device,T3919A(700MHz-2700MHz)T3919AS(700MHz-6000MHz),周波数調整ステップ:10kHz 電源、周波数、その他のパラメータをアプリで遠隔設定するため、操作や持ち運びが容易で、有効動作距離は10mで、大電力の発射による人員の放射線障害を軽減することができます。 一体型デザイン、小型サイズ(200×110×230mm)、軽量(4.5kg) 周波数帯、出力、プロトコルなどをユーザーの要望に応じてカスタマイズできる柔軟な構成

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Transcom Instruments Co., Ltd.の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。