ファイバーレーザーマーキングマシン SpeedMarker series
CO2 レーザー金属プラスチック製

ファイバーレーザーマーキングマシン
ファイバーレーザーマーキングマシン
ファイバーレーザーマーキングマシン
ファイバーレーザーマーキングマシン
ファイバーレーザーマーキングマシン
ファイバーレーザーマーキングマシン
ファイバーレーザーマーキングマシン
ファイバーレーザーマーキングマシン
ファイバーレーザーマーキングマシン
ファイバーレーザーマーキングマシン
ファイバーレーザーマーキングマシン
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
ファイバーレーザー, CO2 レーザー
素材
金属, プラスチック製
設定
組み込み式
X行程

190 mm, 255 mm, 580 mm, 1,000 mm (7 in)

Y行程

190 mm, 255 mm, 450 mm, 495 mm (7 in)

出力

最少: 20 W (0.03 hp)

最大: 100 W (0.14 hp)

詳細

SpeedMarker レーザーマーカーの使用は自動化プロセスをサポートしています。AdvancedScripting®は動的データをシンプルにレーザーマーキングし、制限のない能力を持つので、SpeedMarker シリーズは機械製造、電子産業、下請工場にとってまさに最良の選択です。Galvo レーザークラス 2 装置を使って、完全なトレーサビリティ、ブランド認知または機能的マーキングのために、個別部品および大きなサイズのバッチをマーキングします。 自動化に適したインターフェース 自動化された生産性向上 SpeedMark®レーザーソフトウェアはレーザー加工を集中制御するだけでなく、外部のデータや制御コマンドに接続するための、自動化に適したユーザーインターフェースも提供します。無限のスクリプト能力が繰り返しマーキングに対する一貫した品質を保証します。レーザーマーキングの視認性は、高品質な光学系と構成部品によって保証されています。対象が小さな部品であるか大きな個別部品であるかは関係ありません。 SpeedMarker 1300 から 1600 までの大きな加工エリアのおかげで、1 回の操作で、大容積の個別部品だけでなく、大量の小部品を個別データを用いてマーキングすることができます。ライン生産における時間的プレッシャーに関わらず、特殊部品であっても適切なマーキングをすることができます。 単品部品から個々のバッチまでのレーザーマーキングのための、自動化に適したインターフェース 試運転とサイクルタイムの削減 スピーディな生産性 SpeedMark® ソフトウェアは、プロセスを重視したユーザーインターフェースが特徴です。つまり、このソフトウェアなら、プログラミングについて広範囲な知識を持っていなくても、マーキングプロセスを視覚的にマッピングすることができます。またFocus Finderの機能 は、試運転時間を短縮するのに役立ちます。傾斜した平面、ボールやボウル、円筒、チューブ内部などの 3D オブジェクトに、高品質のマーキングを簡単かつ高速に行えます。このソフトウェアよって仮想ロータリーが可能なので、生産性がさらにアップします。 様々な材料に対応したパラメーターのデータベースも、時間と費用の節約になります。このソフトウェアを使えば、カスタムメイド品と大量生産品の両方のマーキングで、不具 最大限のレーザーと装置の安全 高信頼の生産性 ソフトウェアとレーザー装置は、シンプルでわかりやすい取り扱いになっている他、レーザー発光機の取り扱いの際に完全な安全性を保証するように設計されています。すべての機能と生産能力を高めるオプションは常に、レーザーと装置の安全性が最大限になることを考慮しています。これには、迅速なワーク交換のための自動リフトドアとロータリーインデックステーブルならびに装置の証明およびオペレータおよび作業のエルゴノミクスのためのウインドウコンセプトが含まれます。

ビデオ

カタログ

SpeedMarker Series
SpeedMarker Series
36 ページ
SpeedMarker 300
SpeedMarker 300
4 ページ
SpeedMarker 300
SpeedMarker 300
7 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。