ダイヤフラム圧力トランデューサー GDT-20
Modbus螺旋溝ステンレススチール製

ダイヤフラム圧力トランデューサー
ダイヤフラム圧力トランデューサー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
ダイヤフラム
出力
Modbus
設置
螺旋溝
材質
ステンレススチール製
保護レベル
IP65, EMC
応用
SF6用
その他の特徴
コンパクト, 精密
動作温度

最少: -40 °C (-40 °F)

最大: 80 °C (176 °F)

圧力範囲

最少: 0 bar (0 psi)

最大: 16 bar (232.06 psi)

詳細

製品詳細 ダウンロード 注文データ コンフィギュレータ 用途 密閉タンクのSF6ガス監視用 屋内 屋外で使用可能なSF6ガス充填機器監視用機器 特徴 高精度センサー技術 Modbus® 出力 RS-485インターフェース経由にて 保護等級IP65 長期安定、EMC対策 コンパクトサイズ 製品説明 モデル GDT-20ガス密度トランスミッタは、1台でSF6ガスの圧力と温度を計測し、デジタル出力をするマルチセンサです。これらの監視パラメータは、SF6ガスの品質状態監視において重要です。 連続監視 複数のGISシステムを安定的に稼動させるためには、SF6ガス密度の連続監視は重要なパラメータです。 GDT-20は、圧力と温度を計測し、内蔵のマイクロプロセッサにて内部データと照合計算を行い、SF6ガスの密度を計測します。圧力は熱により変化しますが、温度補正を行うことで熱の影響を排除します。 Modbus® フィールドバス Modbus® RTUでは、RS-485をインターフェースとして使用しております。受信側にて、このフィールドバスに対応する機器が必要です。GDT-20は、SF6ガス単独だけでなく、窒素ガスやCF4ガスとの混合ガスの計測にも使用できます。計測するガスの変更は、お客様にてパラメータを変更することにより可能です。 出力信号の安定性 本機種は、長期に渡ってメンテナンスフリー再校正不要でご使用になれます。溶接による密閉構造のため、シール部の劣化はありません。 EMCについては、IEC61000-4-2、IEC61000-4-6に準拠し対応しております。
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。