圧力調整弁用逆火防止装置 S55 series

圧力調整弁用逆火防止装置
圧力調整弁用逆火防止装置
圧力調整弁用逆火防止装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

分野
圧力調整弁用

詳細

レギュレータとガスボンベをフラッシュバックから保護します。 ノルウェー海事総局などの海事当局は、アセチレンと酸素のためのフラッシュバックアレスタを設置する必要があります。ガス溶接装置の不正確なメンテナンスや使用は、様々なタイプのフラッシュバックを引き起こす可能性があるためです。 通常、これらはうまく設計されたトーチで停止し、トーチで飛び出る音としてのみ気づきます。 ただし、ハンドリング、メンテナンス、ガス圧力の設定に誤りがあると、フラッシュバックが貫通する可能性があります。 これは、ガス炎がホースを通過することを意味します。 場合によっては、レギュレータを通過し、最終的にシリンダーに到達することもあります。 Unitorが供給するフラッシュバックアレスタは、ガスボンベとガス出口ステーションの両方で使用するために設計されており、いくつかの安全機能を組み込 んでいます。逆止弁は、ガスの逆流を防止し、ガス混合物がパイプラインまたはシリンダに到達するのを防ぎます 炎フィルタ フラッシュバックまたはバーンバックの火炎前面の 温度活性化カットオフは、火災の場合にさらにガス供給を防ぐために(温度が約 100 ℃ に上昇した場合に活性化)。 フラッシュバック 後のそれ以上のガス供給を防ぐために、圧力活性化カットオフ(フラッシュバックの前の圧力ショックによって作動)。 圧力作動カットオフが作動したことを示すインジケータリング。リングはフラッシュバックアレスタをリセットするためにも使用されます。 フラッシュバックアレスタは以下に準拠しています。EN 730/ISO 5175およびBAM 認証番号: ZBF/009/12

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。