相対圧力トランデューサー EJA438E
メンブレンデジタルメンブレン式分離器付

相対圧力トランデューサー
相対圧力トランデューサー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

タイプ
相対
技術
メンブレン
出力シグナル
デジタル
その他の特徴
メンブレン式分離器付, 遠隔, SIL 2

詳細

EJA-Eシリーズは、DPharpシリーズの最新の進化形です。2012年に発売された「EJA-Eシリーズ」の堅牢性と実績、そして「EJX-Aシリーズ」のサラブレッドとしての性能を兼ね備えた横河の期待の製品です。 EJA438Eは、シリーズでリモートダイヤフラムシールを採用したゲージ式圧力トランスミッタです。 EJA438E 標準機能は以下の通りです。 ± 0.2% 精度 200ms 応答時間 ExidaおよびTUV SIL2/SIL3は証明した ローカルパラメータ設定(LPS) 10セグメントのシグナル・キャラクタライザ アクティブキャピラリー充填液密度補正 DPharpデジタルセンサを搭載した横河の差圧トランスミッタは、プロセスをより深く理解するために必要な性能とデバイスインテリジェンスを提供します。 横河のDPharppデジタルセンサは、他社のアナログセンサの2倍の性能と安定性を提供します。DPharpは最新のICチップスタイルの設計と製造技術を使用しています。アナログセンサーは古い設計技術をベースにしています。アナログセンサーも良いですが、最新のDPharppセンサーはそれを凌駕しています。DPharpデジタルセンサーを搭載した横河電機の送信機は、一貫した信頼性の高い正確な測定を可能にします。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。