NCホーニング盤

3 社 | 4
{{#pushedProductsPlacement4.length}} {{#each pushedProductsPlacement4}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement4.length}}
{{#pushedProductsPlacement5.length}} {{#each pushedProductsPlacement5}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement5.length}}
横型ホーニング盤
横型ホーニング盤
SSH-1680

内径: 3 mm - 60 mm

... 機械仕様 直径範囲 (I.D.) 3-60 mm (.118-2.36インチ) 最大ボア長 最大250 mm (9.84インチ) 特長と利点 ゼロシャットオフ-パワーストロークシステムは、サイズに合わせて調整して自動的に停止するように設定できます。 パワーストローク標準-選択可能な手動および自動パワーストロークが標準です。 しっかりした構造-強化された構造鋼と鋳鉄は、しっかりとした機械加工プラットフォームを提供します。 可動部品はベースから分離され、振動がなくなります。 リジッドストローカーキャリッジと堅牢なリンケージ駆動設計により、より迅速なストロークが可能になり、サイクルタイムが短縮されます。 フットペダル-使いやすさと安全のために、フットペダルは機械の始動と停止を行います。 ...

仕上げホーニング盤
仕上げホーニング盤
SH-2000

内径: 1.5 mm - 165.1 mm

... 機械仕様 直径範囲: 手動ストローク: 1,5 — 165,1 ミリメートル (0.060 — 6.500 インチ) パワーストローク: 1,5-101,6 ミリメートル (.060-4.000 インチ) 自動サイジング: 3,2-51,0 ミリメートル (1.25-2.000 インチ) ストロークの長さ: 6,0-170 ミリメートル (.236-6.700 インチ) 特長と利点 あらゆる種類の部品を実行します。ほぼすべてのサイズや構成のワークを処理し、あらゆる種類の材料を迅速かつ清潔に切断します。 ホーニング操作を減らし、時間とコストを節約します。 完全なセットアップは、カバーを持ち上げることなく、機械の前面から処理されます。 送り速度、ストロークの長さ、ストローク速度が設定され、ロックされます。 I.D. ...

NCホーニング盤
NCホーニング盤
MDR 140

... 技術仕様: 1または2スピンドル ホーニング範囲 Ø 1,5-50ミリメートル ホーニング長さ0-100ミリメートル スピンドル速度 150-2 '500 RPMの 自動拡張システム(1-300秒/0 ,01ミリメートル) 45リットルオイルタンク 重量〜 500キロ / 〜 700キロの 寸法 1' 550 倍 800 × 1 '450ミリメートル/1' 600 × 1 '000 × 1' 600ミリメートル 重要な利点: 高精度のための生産機械。 ...

加工ホーニング盤
加工ホーニング盤
X LINE

... KADIAはすでにハノーバーで開催されたEMO2019で、Xラインのプロトタイプを発表しました(YouTubu-Video)。ブースを訪れた来場者からの評価は非常に高く、パンデミックにもかかわらず、2020年にいくつかの注文が入ったほどです。 Xラインは、柔軟性と生産性を兼ね備えたガントリーデザインの2スピンドルホーニングセンターです。この機械の特徴は、1つのワークキャリア上で複数のボアを連続して加工することです。 Xラインでは、2つのLH3ホーニングスピンドルと空気圧式測定ステーションにより、KADIAの通常の精度が保証されます。ご要望に応じて、自動ブラシチェンジャー付きのバリ取りステーションも組み込むことができます。 加工されるボアは、3つのNC軸を介して非常に柔軟な方法で整列されます。ホーニング、測定、およびバリ取りステーションは、トラバーススライドユニットとしてX軸を形成し、ワークピースキャリアはYおよびZ方向の位置決め動作を行います。 注目のワーク搬送システムは、特許出願中です。これは、3台のワークキャリアを用いてパレット循環搬送を行うものです。このソリューションにより、XラインはこれまでのNCホーニング加工機とは根本的に異なり、2つの加工ステーションを交互に接近させるのではなく、同時に動作させます。その結果、Xラインはサイクルタイムを大幅に短縮することができます。また、ローディングはサイクルタイムと並行して行われるため、従来のようにローディングの時間が合計時間に含まれることはありません。このように、Xラインは生産性の向上に貢献しています。 ...