キータイプワークピースクランプチャック MADV series
精密セルフセンタリング円筒形

キータイプワークピースクランプチャック
キータイプワークピースクランプチャック
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

工具脱着方法
キータイプ
その他の特徴
精密, セルフセンタリング, 円筒形, スチール製, 手動式
クランプ直径

最少: 168 mm
(6.61 in)

最大: 350 mm
(13.78 in)

回転速度

最少: 750 rpm
(4,712 rad.min-1)

最大: 1,700 rpm
(10,681 rad.min-1)

詳細

手動クランプとインデックスを備えたインデックスチャック MADVシリーズのチャックは、セルフセンタリング式です。MADVの爪は、操作キーと手動インデックスシステムにより、手動でクランプします。 - 高精度、高信頼性、高品質を維持するために、60HRC鋼UNI18NiCrMo5で作られた特殊高抵抗焼入れセメント。 - ジブ付きジョーの採用により、摺動面の仕上がりが良く、摩耗によるクリアランスを回復することが可能 - シンプルで信頼性の高いインデックス動作:コニカルシャッターが機械的なインデックスを保証します。割出精度 ±1'30" - ラジアル方向に大きな円筒プリロードローラー、アキシャル方向に強力なアキシャルボールベアリングの2つのラインを持つシャフトガイドシステム - クーラント、切粉、粉塵による汚染を防ぐシール - 定常的かつ長期的な精度 - 機械に簡単に取り付けられます。 - 標準では、90°のインデックスが4つ、45°のインデックスが1つ付いています。ご要望に応じて、特別な位置決めも可能です(8×45°、6×60°)。 アドバンテッジ - セルフセンタリングクランプ - 大きなクランプ能力 - 大きな回転半径を必要とするワークピースに対応するロングジョー仕様 - あらゆる工作機械(旋盤、フレサトリスなど)で使用可能です。 - 爪のストロークが大きいので、自動チャックではうまくできなかった複雑な形状の把持が可能です(span>)。 - プロトタイプ、サンプル、シリーズ、大作も実現。 - クランプ力をジョーに伝える、軸方向スロッディングベアリングに支持されたセンタースクリューと 周囲温度 5-60°C サウンドエミッション(音圧)≦70db(A)(各方向

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Applied Roboticsの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。