レーザーレベルセンサ
固体用貯蔵タンク用

レーザーレベルセンサ
レーザーレベルセンサ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

原理
レーザー
媒体
固体用
応用
貯蔵タンク用
プロセス温度

最少: -25 °C (-13 °F)

最大: 60 °C (140 °F)

詳細

-電気設計:DC PNP -出力機能:2スイッチ出力非常にオープン/クローズド相補的 -ライトスポット直径 [mm]:< 5 (流量 2m) -測定周波数 [Hz]: 33 -動作電圧 [V]: 10... 30 DC -吸電 [mA]: 75: (24 V) -電流容量 [mA]: 2 x 200 -ノルム . 持続時間 [時間]: 50000 -周囲温度 [° C]:-25... 60 -グレード/保護クラス: IP 67/IP 65 -CEM EN 60947-5-2 -接続: コネクタM12 レーザーレベルは、ポンプ貯水池に存在する潤滑剤の量を測定するために適合した光学距離センサです。 このセンサーは、最小、最大、またはその他のレベル設定のために必要なセットポイントに設定できるデジタル出力を持つことができます。 このレベルは、主にDropsa 標準化された固定フランジを使用してSUMOおよびMini-SUMOポンプシステムで使用するために設計されました。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Dropsa spaの全カタログを見る

Dropsa spaのその他の関連商品

Sensors & Monitoring Devices

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。