レーザーレベルセンサ .
固体用貯蔵タンク用

レーザーレベルセンサ
レーザーレベルセンサ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

原理
レーザー
媒体
固体用
応用
貯蔵タンク用
プロセス温度

最大: 60 °C (140 °F)

最少: -25 °C (-13 °F)

詳細

DROPSAレーザーレベルゲージは、貯蔵またはポンプリザーバ内の潤滑剤の量を測定するのに理想的な光学距離センサです。 レーザプローブには、代表的なプログラミングディスプレイが搭載されています。 アナログモードまたはデジタルモードで操作できます。 ユニットは、独自の光学距離センサーレーザー技術を使用し、可視レーザー光と0.2 〜 10mの測定範囲をサポートし、M12x1コネクタ、4 桁の英数字ディスプレイ、2つの制御キーと2つの設定可能な出力信号を収容します。 測定誤差は0.5% を超えず、背景抑制は10 ~ 19m 以上です。 このユニットは、レーザーセンサーインジケータとレベルインジケータ(レーザー30kg)を備えた2つのバリエーションがあります。 このユニットの電力は 4.1mW 以下で、波長は650nmです。 測定周波数は1 〜 50Hzの範囲で、動作電圧は18 〜 30DCで、電流容量は2 × 200mAです。 その他の特長としては、スイッチング状態および動作表示用 LED、距離値プログラミング、ダイキャスト亜鉛ハウジング、ポリカーボネートLED、過負荷抵抗などがあります。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Dropsa spaの全カタログを見る

Dropsa spaのその他の関連商品

Sensors & Monitoring Devices

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。