精製システム CMM-4RP

精製システム
精製システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

詳細

吸着1オイル製品の精製は、製品の組成を変更することなく、化学的および物理的特性および性能を改善することを可能にする。 このプロセスは、不飽和および芳香族炭化水素、タール、窒素、硫黄および酸素含有化合物を除去する。 この効果は、吸着剤2が汚染物質を捕捉して保持する能力に起因する。 時間の経過とともに、吸着速度は、一定の平衡に達すると減少し、停止する。 この時点で、吸着剤を交換または再活性化する必要があります。 吸着剤活性化の既存の方法3は、吸着剤の大きな損失(最大30%)および処理された製品によって特徴付けられる。 これらの要因により、GlobeCoreは、オイル浄化のための吸着剤の再活性化のためのCMM-4RPユニットの開発4。 この装置は、油精製プロセスで使用される飽和吸着剤の修復のために設計されています。 CMM-4RPを使用すると、古い吸着剤の新規購入と処分を節約できます。 飽和吸着剤は特別なカラムに装填され、高温および真空にさらされ、汚染物質を除去する。 完了した場合、再活性化プロセスの後、カラムは反転され、回復された吸着剤はアンロードされる。 以前に吸着剤によって捕捉された油は、特別な容器に集められ、再利用することができる。 使用済み吸着剤の再活性化は、その特性を回復させ、それらを使用して任意の程度の汚染を伴う油製品を浄化することを可能にする。 ユニットの設計と生産をカスタマイズすることができます。 この場合、注文のリードタイムは45日間です。 吸着反応ユニットのストックモデルは、直接購入することができます。

---

ビデオ

カタログ

この商品のカタログはありません。

GlobeCoreの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。