水用圧力リリーフ弁 1400 series
油圧操作標準フランジ取り付け

水用圧力リリーフ弁
水用圧力リリーフ弁
水用圧力リリーフ弁
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

流体
水用
その他の特徴
ダイヤフラム式, 油圧操作, フランジ取り付け, 標準
制御圧力

最少: 2 bar
(29 psi)

最大: 16 bar
(232.1 psi)

DN

最少: 40 mm
(1.575 in)

最大: 300 mm
(11.811 in)

詳細

メインバルブは油圧作動式ダイヤフラムバルブである。作業エネルギーは固有の媒体です。 ほとんどのバルブタイプは、外来エネルギーなしで純粋に油圧作動します。 用途 飲料水システムでの使用(その他の媒体についてはご相談ください) 供給におけるネットワーク圧力の維持 余分な圧力を解放してネットワークを保護 動作モード 圧力リリーフバルブは、事前に設定された入口圧力(p1)を一定に保ちます。過剰なシステム圧力は、バルブの高速開弁によって解放されます。衝撃的な圧力負荷を避けるため、閉弁はゆっくりと行われます。可変流量は、コントロールバルブによって調整される維持圧力には影響しません。過圧または維持圧は 2 bar から 16 bar の範囲で設定できます(標準設計)。 製品情報 バルブの寸法を計算するには、以下の情報をご参照ください: 最大及び最小入口圧力(静圧及び動圧比) 必要な持続圧力または吐出圧力 最大及び最小流量 使用可能なラインの直径と長さ バルブの構造(ストレート設計かアングル設計か) 計算根拠、圧力損失に関する情報、バルブの特性値については、E 章の最後をご参照下さい。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。