油圧シリンダー / 単動式 / 複動式 / 小型
CNL

MyDirectIndustryにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
油圧シリンダー 油圧シリンダー - CNL
{{requestButtons}}

特徴

  • タイプ:

    油圧

  • 技術:

    単動式, 複動式

  • その他の特徴:

    小型

詳細

• ピストンØ40-100mm
• 現代のシールとガイドエレメント
• 頑丈なスクリューシステムによる摩耗部品の簡単な交換
• その後の改造と再評価はユニット構築システムを通じて可能
• ロッドスクリューねじ、非公差寸法、接続の位置とサイズなどが可能です。お客様の好みに応じて実装

可能:
• 調整可能なストロークエンドダンピング
• ストローク信号終端用の電子近接スイッチ
• アプリケーションで利用できる電子ストローク測定システム
• 高い周囲温度でのアプリケーション向けの水冷
・その他のバージョンタイプシリーズCNLの要求に応じて利用可能な油圧シリンダは
、純粋なボルト締め構造として設計されています。 シリンダーヘッドとベースはSt 52—3で構成されています。
シリンダーチューブには、DIN 2391に準拠した「シームレス精密
鋼管」が使用され、ミル、研磨、ハードクロムメッキの
ピストンロッドには高強度鋼が使用されます。 ピストンとピストンロッドはコンパクトなシールでシールされています。 サービス
条件に応じて、シリンダーにはFKMシールを完全に装備することができます。

ベントは、通常の場合にライン接続を介して行われる。 リクエストに応じて、ヘッダーとベースサイド換気ボルト付き。 端部クッション圧力を有するシリンダの場合、ベントは標準として取り付けられます。 すべてのシリンダーサイズには、動作条件がそれを必要とするとき、両端に調整可能な終了位置クッション圧を装備することができます。

CNL油圧シリンダには、
片側のピストンロッド(いわゆる差動シリンダ)または両側のピストンロッドとの二重作動があります。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)