フェムトセカンドレーザー BIOLIT 2
ショートインパルスファイバー可変

フェムトセカンドレーザー
フェムトセカンドレーザー
フェムトセカンドレーザー
フェムトセカンドレーザー
フェムトセカンドレーザー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

操作方法
フェムトセカンド, ショートインパルス
光源
ファイバー
スペクトル
可変
応用
計装, 医療用, 工業用, 機器製造用, ポンプ, 分光学用, 顕微鏡用, 研究用, 測定用, 検査用, 顕微鏡, 研究開発用, 実験用
その他の特徴
コンパクト, OEM, 精密, 凹凸, 溶封, 調整可能, 組み込み式, OPO, 空冷式, 安定
出力

2 W

波長

1,050 nm

詳細

Biolit 2は、多光子顕微鏡、非線形分光、その他のバイオフォトニクス・アプリケーション用に特別に設計された、コンパクトな空冷式フェムト秒レーザーです。 Biolit2は、多光子顕微鏡、非線形分光法、その他のバイオフォトニクス・アプリケーション用に特別に設計されたコンパクトな空冷フェムト秒レーザーです。平均出力 Wの平均出力と、NIRスペクトル領域(1050nm)で100nJオーダーのパルスエネルギーは、ほとんどの光イメージング・アプリケーションに十分です。 ほとんどの光イメージング用途に十分です。ビーム品質はM 2 <1.2(typ.1.05)、円形度 >0.9(typ.1.05)です。 円形度0.9 (typ. 0.94)以上のビーム品質は、主要な市場メーカーの中でも傑出しており、新しい生体組織イメージング技術の最も厳しい要件に適合します。 新しい生体組織イメージング技術の最も厳しい要件に適合します。卓越したビーム品質、 1.2未満(通常1.05)、円形度0.9以上(通常 0.94)を超える円形度を特徴とする卓越したビーム品質は、市場をリードする企業の中でも傑出しており、最先端の生体組織イメージングの最も厳しい要求を満たしています。 最先端の生体組織イメージング技術の最も厳しい要求を満たしている。 放出される光パルスは、変調やペデスタルのほとんどないガウスライクな形状を特徴とする。 ペデスタル。高開口数の太い対物レンズで使用する場合、<70 fs (typ. 55 fs)という極めて短いパルスが得られます。 このレーザーは、高開口数厚対物レンズで使用する際に、70fs未満(55fs)という極めて短いパルスを得るために、分散前補正機能を内蔵しています。 機能を搭載しています。標準パルス繰り返し周波数は15、20、30、40 MHzで、この範囲を1~20 MHzに拡張することも可能です。 この範囲を1~20MHzに拡張する柔軟性もあるため、ユーザーは特定のサンプル特性に合わせてパルス繰り返し周波数を微調整することができる。 サンプルの特性に合わせてパルス繰り返し周波数を微調整し、最高のS/N比で最強の使用可能信号を得ることができる。 Biolit-2 SHモデルには、波長525 nmで0.4 Wを供給する高調波モジュールが内蔵されています。 波長525nmで0.4Wを供給します。この波長拡張により、以下の用途に最適です。 最先端の3Dプリンティング法である光重合に最適です。 nmの解像度を実現します。

---

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。