ビーム型ロードセル SLB series
圧縮計量OIML

ビーム型ロードセル
ビーム型ロードセル
ビーム型ロードセル
ビーム型ロードセル
ビーム型ロードセル
ビーム型ロードセル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
圧縮
形状
ビーム型
応用
計量
その他の特徴
OIML, 精密, ニッケル, NTEP, 費用対効果が高い, IP67
定格負荷

最少: 220 kg (485.02 lb)

最大: 4,400 kg (9,700.34 lb)

詳細

ビーム型ロードセル:SLB215・SLB415 OIMLやATEXなど幅広い認証を取得したソリューション 容易な統合 SLB215ビーム型ロードセルには荷重導入用のネジ穴があり、これにより既存の計量システムにロードセルを非常に容易に組み込むことができます。 荷重導入用のネジ穴は、フロアスケールや台ばかりのソリューションとして最適です。このネジ式の脚で高さを容易に調整できます。 SLB415ビーム型ロードセルにはロッカーピンを使用するための荷重導入用の止まり穴があり、高精度アプリケーションに最適です。 保護等級 SLB215/SLB415ロードセルはニッケルメッキ合金スチール製で、レーザー溶接による密閉構造になっています。 これがロードセルを水分から守り、最高の信頼性、安定性、測定性能を実現しています。 これらのロードセルの保護等級はIP67です。 製品の特長: • SLB215のひょう量範囲: 220~ 4400kg • SLB415のひょう量範囲: 110~ 4400kg • 材質: ニッケルメッキツールスチール • 精度: OIML C3、NTEP 5000d III M(SLB215 4.4tではない) • 危険場所に関する認定: ATEX、FM • IP67の保護等級 アクセサリ オプションの膨張/振動キット(EVK/EVKT)により、熱膨張/収縮や振動が生じても最適な性能が確保されます。 EVK/EVKTをベースプレートと組み合わせるとコスト効率の高いソリューションになりますが、必要な安全抑制機能は外部から提供する必要があります。 フットキット(FTK/FTKT)は、高さ調整が重要なフロアスケールアプリケーションに非常に便利です。

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。