圧縮ロードセル SLC611D
キャニスター型アナログ式デジタル

圧縮ロードセル
圧縮ロードセル
圧縮ロードセル
圧縮ロードセル
圧縮ロードセル
圧縮ロードセル
圧縮ロードセル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
圧縮
形状
キャニスター型
出力シグナル
アナログ式, デジタル
その他の特徴
OIML, ステンレススチール製, NTEP, IP68
定格負荷

最少: 7.5 t (8.27 us ton)

最大: 22.5 t (24.8 us ton)

詳細

メトラー・トレドのPowerCellロードセルのメリット POWERCELL®は、環境要因を継続的に補正する内蔵のマイクロプロセッサによりきわめて高い精度を提供します。 このロードセルは最も高精度の計量を可能にし、予測自己診断機能のための重要なパラメータをモニタリングします。 SLC611Dロードセルは、精度と信頼性が鍵となるあらゆる形式のマルチロードセルスケールにとって最適な選択肢です。 コネクタとケーブル POWERCELL®ロードセルは設置が容易で、シンプルなデイジーチェーンネットワークで互いに、また指示計に接続されます。 CANバス経由でのデータ転送により、ケーブルの寸法や長さ、湿気などに左右されない非常に堅牢なデジタル信号を提供します。 和算箱が不要なため、一般的なエラーの原因を排除できます。 このロードセルは堅牢な産業用ケーブルコネクタを使用しているため、システム性能に影響を与えずに、ロードセルやケーブルを独立して交換できます。 製品の特長: • ひょう量範囲: 7.5~ 22.5t • 材質: ステンレススチール • 精度: OIML C3、NTEP 5000d III M • 危険場所に関する認定: ATEX、FM、IECEx • IP68/IP69Kの保護等級 自己診断機能 アナログシステムでは、ロードセルの故障が非常に頻繁に見落とされることがあります。 POWERCELLを使用すれば、このようなことはありません。 個々のロードセルからの計量情報が、システムの状況を判断し、予測保全を推奨できる指示計によって個別にモニタリングされます。 ロードセルの過負荷または故障、非対称エラー、範囲外温度信号が即座に認識されて補正措置が開始されるため、多くの場合、ロードセルを交換するまでスケールの動作を続けることができます。

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。