先端半球状状ミーリングカッター VF2XL series
ソリッドドラフトスチール用

先端半球状状ミーリングカッター
先端半球状状ミーリングカッター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

形状
先端半球状状
構造
ソリッド
タイプ
ドラフト
取り扱い素材
スチール用
その他の特徴
マイクロ, 深型加工用
直径

最少: 0.2 mm (0.01 in)

最大: 3 mm (0.12 in)

回転速度

最少: 8,200 rpm (51,522.12 rad.min-1)

最大: 40,000 rpm (251,327.41 rad.min-1)

詳細

新開発の終わりの最先端の幾何学は改良する 角のひびの抵抗。 (二重切傷の幾何学) 高熱の抵抗の影響の奇跡のコーティングは使用される 堅くされた鋼鉄からの材料の機械化を可能にすること (60HRCに)概要の鋼鉄に。 深くのスーツの機械化に利用できるいろいろな首の長さ 複雑な部品。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

MITSUBISHI MATERIALSの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。