実験用オートクレーブ TLV-S Series
自動縦型真空

実験用オートクレーブ
実験用オートクレーブ
実験用オートクレーブ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

研究所 / プロセス
実験用
その他の特徴
自動, 縦型, 真空, コンパクト, トップローディング, スチーム発生器付き, 移動式, 電子
応用
無菌, 製薬産業用
最大温度

最大: 140 °C
(284 °F)

最少: 105 °C
(221 °F)

有効容量

最大: 169 l
(44.6 gal)

最少: 56 l
(14.8 gal)

詳細

トップラインオートクレーブ - 完全接続による滅菌 RAYPAcloud。異なるデバイスからアクセスできるクラウド上のストレージと管理 RAYPAsupport。アシスタント、監視、診断、リモートメンテナンス RAYPAcontrol。パネルPC、ユーザーは直感的で快適でシンプルな方法でシステムを操作できます。 TLV-Sシリーズ - 多目的 -固形物・液体の滅菌に対応した多目的オートクレーブです。 -TLVシリーズは、産業界や教育機関のあらゆる研究室の基本的な滅菌ニーズをカバーするために設計されています。 TLV-PDシリーズ - スーパードライイングシステム付 -高速予備真空と高速乾燥システムにより、固形物の滅菌に最適なオートクレーブです。 -固形物にも液体にも対応できる汎用性の高いオートクレーブです。 -TLV-PDシリーズは、ガラス、プラスチックバイアル、多孔質または中空体など、あらゆる種類の固形物を安全、迅速、検証可能な方法で滅菌しなければならない研究室の強い味方です。 TLV-FAシリーズ - 高速冷却システム付き -脂肪冷却システムにより、液体の滅菌に最適なオートクレーブです。固形物にも液体にも対応します。 -液体の滅菌は複雑な作業で、液体の温度を正確にコントロールし、冷却段階での熱バランスを可能な限り最短時間で管理する必要があります。

---

ビデオ

カタログ

2023 FULL CATALOGUE
2023 FULL CATALOGUE
102 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。