研究室用オートクレーブ TLV-PD Series
自動縦型コンパクト

研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

研究所 / プロセス
研究室用
その他の特徴
自動, 縦型, コンパクト, 真空, 上から投入, 高圧, スチーム発生器付き, 電子, 移動式, 油圧ドア付き
応用
無菌, 医療用, 食品産業用, 製薬産業用, バイオハザード用, 合わせガラス用, 複合部品, 織物工業用, 健全性テスト用, 化学反応用
最大温度

最少: 105 °C (221 °F)

最大: 140 °C (284 °F)

有効容量

最少: 58 l (15.3 gal)

最大: 155 l (40.9 gal)

詳細

固体と液体のための多目的オートクレーブ、ガラス、プラスチックバイアル、多孔質または中空の材料などのすべてのタイプの固体製品を、安全で、迅速かつ検証可能な方法で、ラップされているかどうかを殺菌するための超乾燥システムを備えています。 TLV-PDシリーズ 主な特徴。 - 7インチ静電容量式カラータッチスクリーン。 - フラクショナルプリバキュームとポストバキュームを搭載しています。 - 加熱ジャケットと液体リングポンプによる超乾燥システム。 - AISI-316Lステンレス鋼製の滅菌室。 - 最高温度と圧力:140℃と2.6Barg. - 自動充填機能付きの蒸気発生器を内蔵しています。 - 1~3回の真空引きサイクルが可能な高性能真空ポンプ。 - FDAおよびGMPに準拠したコントローラとPC、クラウド、イントラネット、LIMSへの接続性。 - 空気の入口と出口には細菌学的フィルターを採用しています。 - 水ネットワークからの自動給水。 - 水冷式排出装置。 利点。 - 固形物用の速乾機能があります。 - 液体用のアガーモードとプログラム。 - オプションでメインとセカンダリのフレキシブルな心臓プローブを搭載し、Fo値による滅菌を可能にします。 - プログラム可能なタイマースタート。 - ブレーキ付きキャスター。 - 蓋はプッシュボタンで操作できる機械式アシスト式。 - 無制限のデータストレージ。 - RS-232、USB、イーサネット、Wi-Fi接続。 - RAYPAcloudへの接続。 - オプションの統合型または外部ペーパープリンタ、ラベルプリンタ、バーコードスキャナ。 - FDA 21 CFR Part 11およびGMP Annex 11に準拠しています。 50年に及ぶオートクレーブ製造の経験を活かして、さまざまな用途に対応します。RAYPAは、研究者向けの最先端オートクレーブから一般施設向けの小型・小型オートクレーブまで、さまざまなオートクレーブオプションをご用意しています。 TLV-PDの詳細については、今すぐお問い合わせいただくか、パンフレットをダウンロードしてください。

---

ビデオ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。