ハードアルマイト処理 / アルミニウム / 航空用 / 産業用

MyDirectIndustryにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
ハードアルマイト処理 / アルミニウム / 航空用 / 産業用 ハードアルマイト処理 / アルミニウム / 航空用 / 産業用
{{requestButtons}}

特徴

  • タイプ:

    ハード

  • 材料:

    アルミニウム

  • 応用:

    航空用, 産業用, 自動車用

  • 生産方式:

    大規模シリーズ, 中規模シリ-ズ, 小規模シリーズ, 単一

  • 認証:

    EN 12 373-18, EN 12 373-2 / 17, EN 2536, ISO 10 074, ISO 9227-NSS

詳細

ハードアルマイト処理は、硫酸アルマイト処理の特定の用途です。 このプロセスは、通常、低温で(容積別)10 〜 20 % の硫酸の浴中で行われ、一般的に-5 〜 5 ℃ の

プロセスの説明
低温の使用は、より高い電流密度(典型的には3 A/dm2)の適用を可能にし、酸化物の溶解を最小限に抑え、 これは、重要な厚さ(25 〜 100μm)、特に緻密な構造に達することを可能にする。 硬質陽極酸化で形成されたコーティングについては、硬度、耐摩耗性および電気的および断熱の増加に注意する。 したがって、この処理は、研磨またはびらん性の摩耗に対する耐性が最も重要な場合に特に推奨されます。 コーティングの着色と密封は可能ですが、硬度と耐摩耗性は低下します。


外観:グレーまたはブラウン(黒色の着色が可能)
厚さ:5 〜 60μm
微細硬さ:300 〜 500HV、合金に応じて
表面状態:粗さの若干の劣化、
電気絶縁:500 〜 1000ボルト〜
摩擦係数:高負荷下で良好 疲労の軽減:合金に応じて30 〜 50 %
耐腐食性:
-シーリングなし:〜 50 時間
-ニッケル塩でシーリング〜 300 時間
-クロムVI 塩でシーリング〜 500 時間

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)