デジタルオシロスコープ 1GSa/s|SDS1000X-E Series
ベンチトップ2チャンネルLCD ディスプレイ付き

デジタルオシロスコープ
デジタルオシロスコープ
デジタルオシロスコープ
デジタルオシロスコープ
デジタルオシロスコープ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
デジタル
移動性
ベンチトップ
カナル数
2チャンネル
オプションとアクセサリー
LCD ディスプレイ付き
帯域幅

最少: 200 MHz

200 MHz

最大: 200 MHz

詳細

製品概要 SIGLENTの新しいSDS1000X-Eシリーズ超蛍光体オシロスコープは、1つの帯域幅、200MHzでご利用いただけます。 1GSa/sの最大サンプルレートと 14Mptsの標準記録長を持っています。 使いやすさのために、最も一般的に使用される機能は、ユーザーフレンドリーなフロントパネル設計でアクセスできます。SDS1000X-Eシリーズは、優れた信号忠実度と性能を提供する新世代のSPO(スーパー蛍光体オシロスコープ)技術を採用しています。 システムノイズも、業界の類似製品よりも低くなっています。 500uV/divの最小垂直入力範囲、高感度、低ジッタを備えた革新的なデジタル・トリガー・システム、400,000フレーム/秒の波形キャプチャ・レート(シーケンス・モード)を備えています。 SDS1000X-Eは、256レベルの強度グレーディング表示機能と、このクラスの他のモデルでは見られない色温度表示モードを採用しています。 Siglentの最新オシロスコープは、シリアルバストリガを含む複数の強力なトリガモードをサポートします。 デコードはIIC、SPI、UART、CAN、LINを含む標準構成です。 履歴波形の記録とシーケンシャルトリガにより、拡張波形の記録と解析が可能です。 もう1つの強力な追加は、信号スペクトルを観察する際にSDS1000X-Eに非常に高い周波数分解能を与える新しい100 万ポイントFFT 数学関数です。 新しい設計には、迅速かつ正確に測定を行うハードウェア・コプロセッサも含まれています。 Siglentの新しいSDS1000X-Eの特徴と性能は、この価格クラスではまったく一致しません。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Siglent Technologies Co., Ltdの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。