マイクロ波レベルセンサ SUP-RD701
液体用バラ物用2線式

マイクロ波レベルセンサ
マイクロ波レベルセンサ
マイクロ波レベルセンサ
マイクロ波レベルセンサ
マイクロ波レベルセンサ
マイクロ波レベルセンサ
マイクロ波レベルセンサ
マイクロ波レベルセンサ
マイクロ波レベルセンサ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

原理
マイクロ波
媒体
液体用, バラ物用
インターフェイス
4-20 mA, 2線式, Modbus, RS-485
応用
貯蔵タンク用
その他の特徴
フランジ取り付け, IP67
測定範囲

最大: 30 m (98'05")

最少: 0 m (0'00")

圧力

最大: 40 bar (580.15 psi)

最少: -1 bar (-14.5 psi)

プロセス温度

最大: 250 °C (482 °F)

最少: -40 °C (-40 °F)

詳細

SUP-RD701 液体やバルク固体のレベル測定用ガイド波レーダ。ガイド波レーダーによるレベル測定は、マイクロ波パルスをケーブルやロッドプローブに沿って流し、製品表面で反射させます。 特徴 測定範囲0~30 m 精度:±10mm アプリケーション 液体およびバルク固形物 周波数範囲500MHz〜1.8GHz 製品 - 誘導波レーダー式レベルメーター モデル - SUP-RD701 測定範囲:0~30m アプリケーション 液体およびバルク固形物 プロセス接続 - スレッド/フランジ 中間温度 - -40℃~130℃(標準)/-40~250℃(高温) プロセス圧力 - -0.1~4MPa 精度 - ±10mm 保護等級 - IP67 周波数範囲 - 500MHz~1.8GHz 信号出力 - 4~20mA(2線式/4線式 RS485/Modbus 電源 - DC(6~24V)/4線式 DC 24V / 2線式 H----測定範囲 L----空のタンクの高さ B---- ブラインドエリア E----プローブからタンク壁までの最小距離>50mm 備考 トップブラインドエリアとは、材料の最も高い材料表面から測定基準点までの最小距離のことです。 底面の死角とは、ケーブルの底面付近で正確な測定ができない距離のこと。 有効な測定距離は、上部のブラインドエリアと下部のブラインドエリアの間です。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。