仮設プラットフォーム

2 社 | 3
{{#pushedProductsPlacement4.length}} {{#each pushedProductsPlacement4}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement4.length}}
{{#pushedProductsPlacement5.length}} {{#each pushedProductsPlacement5}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement5.length}}
アクセス用プラットフォーム
アクセス用プラットフォーム
PAT series

有効荷量: max 150.0 kg

... 立坑へのリフト設置は、垂直方向の高所作業であるため、落下の危険性が高い。 現在、足場と梯子が使われていますが、足場は煩雑で高価な補助設備であり、また、長いリフトルートでは、かなりの量の材料をシャフトの上部に運ぶ必要があり、また、シャフト全体を占有するため、下での修正作業が困難になります。 また、はしごについては、即席のサポートが用意されていますが、十分な安全性が確保されていないことが多く、危険です。 一般的に、これらの作業に使用される補助手段は、運搬と組み立てに数人を必要とし、その寸法は、他のスペースがない古い建物の改修、交換、部分的な近代化作業において、狭い開口部での作業を不可能にすることが多い。 これらの欠点は、作業プラットフォームの使用によって克服されます。 インストールマニュアル、適合宣言書、テクニカルデータシート、保証書。 ...

アクセス用プラットフォーム
アクセス用プラットフォーム
PAT series

... ガイド設置段階の大深度シャフト用プラットフォーム。外部業者による設置・撤去が必要なため、エレベータの組立工程の妨げとなる縦軸全体の足場を採用する必要がありません。エレベーターの組立工程を外部の業者に頼らずに済みます。 エレベーターをシャフトに設置する際、高所作業では転倒の危険性が高くなります。現在、大深度のシャフトでは、エレベータ会社がガイドを設置する際の補助設備として、シャフトの垂直方向全体に足場を設置しています。この作業には、組み立てを許可された外部の企業が数日間参加します。ガイドと牽引機の設置が完了すると、エレベーター会社は作業を一時中断し、専門会社が足場を解体して、エレベーターの組み立て手順を一時的に麻痺させる必要があります。この作業は、設置会社や建設会社にとっても大きな経済的負担となります。第三者が作業に介入することで、設置費用が高くなり、組立時間も長くなります。PAT ...

アンロードプラットフォーム
アンロードプラットフォーム

有効荷量: 4,000 kg