振動粉砕機

6 社 | 8
{{#pushedProductsPlacement4.length}} {{#each pushedProductsPlacement4}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement4.length}}
{{#pushedProductsPlacement5.length}} {{#each pushedProductsPlacement5}}
{{product.productLabel}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement5.length}}
ボール状振動粉砕機
ボール状振動粉砕機
MM 500 VARIO

粒子径: 5 µm
長さ: 690 mm
: 585 mm

2検体から50検体までを同時に粉砕・混合可能 微量・少量試料の粉砕に特化し、数十秒から数分で微粉砕を行えるミキサーミルに MM 500 Varioが加わりました。ジャーホルダーが6個あるこのモデルは、レッチェの粉砕ジャーを最大6個同時にセットし、処理することが可能です。粉砕ジャーは既存モデルMM400で採用されている密閉性に優れたネジ蓋式粉砕ジャー(1.5ml~50ml)を使用できます。材質は試料の特性に合わせ硬化鋼, ステンレス、 タングステンカーバイド、メノウ、 ...

ボール状振動粉砕機
ボール状振動粉砕機
MM 500 NANO

長所 遊星ボールミルなどが持つパワフルな粉砕力を兼ね備えたミキサーミル MM 500 NANOは場所を取らない卓上サイズで、微量/少量粉砕に特化して、乾式、湿式、凍結粉砕に対応しています。最大2 X 45mlまでの試料をシリーズ最大、35Hz(2100rpm)の圧倒的な粉砕力でナノメートル領域の粉砕に最短時間で到達可能です。非常に強い粉砕力に加え、長時間粉砕(最長99時間)にも対応しており、メカニカルアロイング、メカノケミストリーの分野からも注目されています。 従来型のミキサーミルが持つ優位点と使いやすさはそのままで、遊星ボールミルなどが持つパワフルな粉砕力を兼ね備えました。また、発熱も抑えて長時間の連続運転にも対応しています。 作業効率の向上 安全で、簡単な取り扱いが可能な粉砕ジャー 上部が開放するジャーは、本体に固定したまま試料を取り出せるため、効率の良いサンプリングが可能 人間工学に基づいたデザインとタッチパネルによる簡単操作 条件登録件数12、プログラムサイクル4(繰り返し99回) 汎用性 2分以内の短時間粉砕から99時間までの長時間粉砕に対応 通常大きな粉砕ボールを1個使用し粉砕を行います。混合・ホモジナイジングを行う場合は小さいボールを複数個使用します。 既存のミキサーミルでは不可能だったナノメートル領域の粉砕が必要な、コロイド粉砕や、メカノケミカルなどにも対応可能 新しい上蓋スクリューロック式粉砕ジャーデザイン 上蓋スクリューロック式粉砕ジャーは、乾式、湿式、凍結粉砕が可能です。粉砕ジャーの容量も既存のミキサーミルより増え(50 ...

ボール状振動粉砕機
ボール状振動粉砕機
MM 400 | <5 µm

回転速度: 180 rpm - 1,800 rpm

遠心振動粉砕機
遠心振動粉砕機
MIX10 ,40

回転速度: 0 rpm - 4,000 rpm

... 投資のための自動真空ミキサー: 彼らは ローディングフラスコチャンバからだけでなく、混合室を形成する空気を吸う。 フラスコに混合および投資ローディング中の真空は、 均質で 空気のない投資を得ることができ、時間を節約し、 フラスコに気泡を排除します。 彼らは 水-石膏ミックス用に最大 400RPMのスピードレギュレータを備えており、 フラスコチャンバの下に振動プレートが設けられています。 ミキサーはまた、 水のためのデジタルカウンターと ブース 室で得られた真空レベルを確認するための真空メーターによって装備されています。 ...

ロ-ラー振動粉砕機
ロ-ラー振動粉砕機

... ドラムミルは、脆性材料の微細および超微細な研削に使用されます。 不連続運転ドラムミルは、サイズ縮小に加えて、接地する材料の均質化を可能にする。 ドラムミルには、固定された回転中心を中心に回転する水平研削ドラムがあります。 この円筒形の作業空間に位置し、回転研削ドラムによって転倒される研削媒体の充填物である。 供給される材料は、主に圧力、衝撃およびせん断作用によって自由に動く研削媒体によって粉砕される。 ボールまたはジルペブが通常使用される。 特殊な用途では、スチールロッドを適切に修正されたドラムミルに実装することもできます。 ...

ロ-ラー振動粉砕機
ロ-ラー振動粉砕機
Conca

... それは負の「酸性度」と任意の残留湿度を除去し、したがって、変換された製品の品質を最大化するようにチョコレート変換プロセスを完了するための基本的な要素。 加熱されたタンクの中央に位置するミキサーは、8 〜 12 時間の作業サイクル内で、均質で完璧な混合物を得るために、チョコレートを継続的に混合する作業を有する。 処理プログラムは、オペレータがパーソナライズすることができます。 機械の正面タッチスクリーンには、持続時間、温度、エマルジョン強度、可変空気流による酸素供給という4つの異なるカテゴリがあります。 ...

ロ-ラー振動粉砕機
ロ-ラー振動粉砕機
type EL

... 水平インライン動作、標準モーター、最大100,000l/h 湿潤 脱凝集 分散 乳 化均質化 混合 切断 アプリケーション PUC 多段ミキサーは、特にエマルジョンおよび分散の製造に適しています。 液体/固体混合物の濡れ、粉分、混合、凝集解除、均質化のために、食品、製薬、化学および石油化学、化粧品業界で使用されています。 ローター-ステータシステムは、3段階構成を有し、軸方向ローターが装備されている。 理想的には、均質化プロセスに適合します。 この機械は除細動も可能で、さまざまな用途に使用できます。 ...

ロ-ラー振動粉砕機
ロ-ラー振動粉砕機

... コーヒーミル給餌システム。 焙煎コーヒー豆のバッチの調製後、製造工場は空気圧輸送によって供給され、粉砕されたコーヒーは材料貯蔵サイロに輸送される。 利点 1-挽いた焙煎コーヒーの香りや品質に影響を与えることなく、空気圧輸送。 2-閉じたパイプによる材料の移動。 3-供給するサイロの選択のための自動アドレッシングシステム, 製品の交差汚染の可能性を引用. 4-高容積容量を有する密閉ストレージシステム. 原点の単一点からの包装機械の供給の5-集中化。 6-サイロおよびルーティング・システムへのメンテナンス・アクセス・プラットフォーム。 ...