アニーリング炉 / 焼戻し / クエンチング / 回転レトルト式
B5_R series

MyDirectIndustryにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
アニーリング炉 アニーリング炉 - B5_R series
{{requestButtons}}

特徴

  • 機能:

    アニーリング, 焼戻し, クエンチング

  • 形状:

    回転レトルト式

  • 熱源:

    ガス

  • 雰囲気:

    真空, 不活性ガス

  • その他の特徴:

    横型

  • 温度:

    750 °C, 900 °C (1,382 °F)

詳細

B5_R 範囲は、水平焼戻しおよび低温熱処理炉です。

詳細説明
B5_R、低温熱処理用の真空炉

B5_RファミリーのBMI 真空炉は、主な低温熱処理用に設計されており、多くの場合、B8_TまたはVSE8_T 硬化炉の完璧な補足です。 これらの炉は、真空パージ後の不活性ガス対流処理に特に適しています:焼戻し、アニール、老化、ストレス緩和...

B5_Rは、温度の優れた均一性を確保し、同時に短縮サイクルタイムを確保する真空炉です 処理するパーツ。 このBMI 炉は、低静的負荷と大幅にエネルギー消費を低減し、それによって処理コストを低減する強力な絶縁性を有しています。

さらに、B5_Rファミリの真空炉には、ALLNIT® 低圧窒化オプションが用意されています。このオプションには、ALLNIT-OX® ポスト酸化プロセスも補足できます。

当社の姉妹会社 SCHMETZが開発・特許を取得した * COOL PLUS * 極低温プロセスは、B5_Rのオプションとして利用可能です。この処理は、多くの利点を提供します。* COOL PLUS * は、残留オーステナイト率を低減しながら、処理された部品の硬度と寸法安定性を高めます。 さらに、冷間暴露後に結露が完全に存在しないため、例外的な輝きを保持する。 この「サブゼロ」処理プロセスは、特にステンレス鋼、高速鋼および工具の処理に適しており、焼入れと焼戻しサイクルの間に行われます。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)

その他の製品B.M.I. Fours Industriels