銅製軸受 CR9436K
自動車用

銅製軸受
銅製軸受
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

素材
銅製
応用
自動車用

詳細

大同メタル工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西啓介)は、フォード・スコーピオン・パワーストローク(スコーピオン)6.7Lディーゼル後期用ロッドベアリングセット「CR9436K」を発売した。 ストローク(スコーピオン)6.7Lディーゼル用。大同Kシリーズベアリングセットは、鉛-錫-銅合金をコーティングしたトリメタル素材を採用。 鉛-錫-銅合金を錫層でコーティングしています。Kシリーズベアリングは、高出力エンジン用として設計されています。 耐焼付性、耐久性を重視した高出力シビアエンジン用に設計されています。 大同CR9436Kの特長 - Cu-Pb-Snトリメタル合金の採用により、優れた疲労強度と低摩耗性を実現。 - 錫オーバーレイによる耐焼付性と極限荷重下での適合性 - 大同レーシングラグにより、パーティングラインの流体軸受油膜を改善 - 肉厚公差+/-4µm (+/-.00015") - OEとレースの経験に基づく設計特徴 大同メタル工業株式会社大同メタル工業株式会社(1939年設立)は、世界最大のすべり軸受サプライヤーであり、自動車エンジン、ターボチャージャー、船舶用エンジンの分野でトップシェアを誇る。売上高の85%近くをベアリングが占める。大同メタル工業は、複数の大陸でエンジニアリングと製造を行っているグローバル企業であり、顧客ベースにサービスを提供しています。 Daido Metal USA Inc.は、様々な市場に数億個のベアリングを供給しており、Roush Yates Enginesの独占的なベアリングサプライヤーである。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Daido Metal USA Inc.の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。