レーダー式レベルセンサ Nico 120
固体用サイロ用フランジ取り付け

レーダー式レベルセンサ
レーダー式レベルセンサ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

原理
レーダー式
媒体
固体用
応用
サイロ用
その他の特徴
フランジ取り付け
測定範囲

120 m (393'08")

圧力

最少: 0 bar (0 psi)

最大: 20 bar (290.08 psi)

プロセス温度

最少: -40 °C (-40 °F)

最大: 200 °C (392 °F)

詳細

連続レベル監視 レーダーセンサー。サイロやコンテナ内のレベルを測定します。高さ120mまでのサイロで使用できます。材料のサイズや組成にかかわらず、多種多様な材料に使用できます。 特長と利点 -連続測定-困難なプロセス条件下でも -幅広い異なる材料に使用可能 -高さ120mまでの容器内のレベル測定用 技術仕様 測定材料-粉塵、粉末、顆粒 作業原理-レーダー サイロダイヤモンド/検出範囲-最大120 m プロセス圧力--1... 20 bar プロセス温度--40... 200 °C 取り付け-設置バー、1 1/2インチ脅威接続、フランジ 測定場所-サイロ、コンテナ、コンベヤベルト ATEX定格-カテゴリ1 出力-リレー、4...20mA、モドバス、プロフィバス

---

ENVEAのその他の関連商品

PROCESS OPTIMIZATION SOLUTIONS

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。