CWレーザー ヘッド RSLH 3D-3
固体ファイバーガス

CWレーザー ヘッド
CWレーザー ヘッド
CWレーザー ヘッド
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

操作方法
CW
光源
固体, ファイバー, ガス
スペクトル
赤外線
応用
溶接用, 切断
出力

最少: 3,000 W

最大: 10,000 W

波長

最少: 1,000 nm

最大: 10,000 nm

詳細

RSLDとは、大型レーザー加工機に搭載され、ガントリー設計で部品の3次元切断を行うための、合計3つの電動軸で構成されるレーザーヘッドの略称です。 レーザーヘッドの水平主軸は無限の動きを可能にし、回転動作中でも下の軸には冷却水、プロセスガス、すべての電気信号が恒久的に供給されます。 使用するレーザー光源に適した光学系として、低吸収コーティングを施した水冷式の金属ミラーを直接使用するか、ガラス製の光学系を使用します。適応光学系を使用することで、切断や穴あけのための焦点位置を自由にプログラムすることができます。 また、トルクモーターを採用することで、機械的に動く部品を減らし、長い耐用年数の間、常に高い加工精度と最良の加工結果を保証しています。 2017年からは、質量を大幅に削減したダイナミックバージョン(RSLH35)が発売されていますが、より大きな開口部を使用するために、レーザー回転スイベルヘッド(RSLH60)も引き続き利用可能です。 固体レーザーを使用する場合、1.5 "と2 "の光学部品が用意されており、コリメーター側と集光レンズ下の圧力シールの両方にある保護ガラスカセットが、光学部品を汚染から保護します。また、標準の光学部品を特殊なユニットに交換することで、カメラの使用を実現することも可能です。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

LT Ultra-Precision Technology GmbHの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。