超音波ウェブエッジセンサー bks+, IO-Link

超音波ウェブエッジセンサー
超音波ウェブエッジセンサー
超音波ウェブエッジセンサー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
超音波

詳細

bks+超音波エッジセンサー 箔や紙のような超音波非透過性材質のエッジスキャンをするためのフォーク形状のセンサーです。bks+は、紙埃が積もるような条件下でも、高透明性の箔、光感受性材質、大幅に透明性が変わる材質や紙のコントロールに最適です。フォークの下側に超音波センサーがあり、そこから周期的に短い音波パルスを放出します。それがフォークの上側にある超音波受信機により検知されます。フォークに挿入する材質は、この音波の経路を覆い、覆う程度に応じて受信信号は減衰します。そして、その信号は、内部機器により評価されます。アナログ信号は、覆う程度に応じて出力されます。 特徴 フォーク幅30及び60 mmの2種類のハウジングデザイン 12 mmまたは40 mmの測定範囲で使用可能 新しい業界標準であるIO-Link インタフェースに準拠 解像度は0.01 mmから0.02 mm 非常にコンパクトなハウジング寸法 ベーシック パス・エッジの非接触検出 連続体の調節 4–20 mA及び0–10 Vのアナログ出力 電流出力と電圧出力の切替可能 ハウジング上部の3つのLED及び1つのボタン リンクコントロールでパラメータ設定可能 堅牢なメタル・ハウジング

カタログ

この商品のカタログはありません。

microsonicの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。