ミクロスフェアフィルタードライヤー LabMSR™
焼結金網圧力真空

ミクロスフェアフィルタードライヤー
ミクロスフェアフィルタードライヤー
ミクロスフェアフィルタードライヤー
ミクロスフェアフィルタードライヤー
ミクロスフェアフィルタードライヤー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

物質
ミクロスフェア
タイプ
焼結金網
フィルター方式
圧力, 真空
用途
製薬産業用, プロセス, 試験工場用, 研究所用, バイオ医薬品用途, 衛生用途, 医療用
素材
ステンレス製
その他の特徴
Nutsche, 振動付, コンパクト, 高効率, 粉末用, ATEX, 滅菌, 自動

詳細

LabMSR™システムは、グローバルな医薬品メーカーが、PSL社のフルスケール生産型MicroSphere Refiner(MSR™)のプロセスの利点を研究開発スケールで一般的に再現できるように開発されたGLP装置です。 ポリマーマイクロスフェアは、その特性や性質から、従来から製造業者にとって加工が困難であることが知られており、特にマイクロスフェア製品開発の一環としてバッチサイズが徐々に大きくなるにつれて加工が難しくなります。当社のLabMSR™のユニークな特徴は、マイクロスフェアーの特性とプロセスの挙動を考慮し、Quality-by-Design(QbD)アプローチに従って開発されました。 LabMSR™の目的は、研究開発スタッフに革新的なツールを提供することで、研究室環境にいながら、信頼性の高い製品スケールアップ活動を完了し、プロセスパラメーターを改良することを可能にすることです。LabMSR™ により、エンドユーザーは特に以下のプロセスを再現することができます: 微小球の分級/ろ過/脱水) ミクロスフェア洗浄 凍結乾燥を含むミクロスフェアの乾燥 ミクロスフェアの排出/回収 自動操縦によるスケールアップ ミクロスフェア・デリバリー・システムのような複雑な製剤の開発は、大小を問わず、ほとんどの医薬品メーカーにとって、従来から困難な課題でした。研究開発またはパイロット段階で使用される選択されたプロセス技術が、より大規模な生産バッチに完全にスケーラブルであることを保証することは極めて重要です。マイクロスフェアプロセスがスケーラブルでないことを発見するのが遅すぎると、医薬品メーカーに壊滅的な影響と数百万ドルのコストをもたらす可能性がある。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。