研究室用オートクレーブ AHS-DRY Series
正面投入自動卓上

研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
研究室用オートクレーブ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

研究所 / プロセス
研究室用
その他の特徴
正面投入, 自動, 卓上, 横型, 真空, コンパクト, 脚付き, 電子
応用
無菌
最大温度

最少: 100 °C (212 °F)

最大: 134 °C (273 °F)

有効容量

50 l, 75 l (13.2 gal)

詳細

横型卓上オートクレーブ「AHS-DRY」は、実験室の生産性向上を目的として、多くの産業界、教育・医療施設、研究機関で一般的な実験器具の滅菌に優れた性能を発揮しています。 乾燥機能と自動水制御レベルにより、オートクレーブの操作時間を短縮し、一般的な実験室での滅菌手順を容易にします。 用途に応じて使い分けます。 包装されていないものやラップされているもの、小さな多孔質体や中空焼Bタイプ(やや深くて広い空洞)、ガラス、プラスチック、金属製のもの、廃棄物袋など、幅広い固形物の殺菌。 特長】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 チャンバーケースと蓋はAISI-316Lステンレススチール製。 滅菌前には予備真空、滅菌後には真空乾燥が可能です。 マイクロプロセッサによる自動制御 プログラム4つの定義済みプログラムと6つのユーザーフリープログラム 滅菌室への自動給水用の水タンク。 タンク供給(オプション)。 PC またはプリンターのための RS-232 港を含んでいます。 ヒーターのための保護グリッド。 時間範囲。1- 250 分。 パラメータの設定。殺菌の温度および時間、乾燥の時間。 メリット。 液体用のプログラム。 自動乾燥。 寒天モード(40~80℃)。 ハートプローブ(オプション)。 プログラム可能な自動スタート(24時間)。 PCへの接続。 制御ソフトウェア オプションのプリンタ:内蔵または外部プリンタ 50年にわたるラボ用オートクレーブの製造経験を活かして、さまざまな用途に対応したオートクレーブをご提供します。RAYPAでは、研究者向けの最先端オートクレーブから一般施設向けの小型・小型オートクレーブまで、さまざまなオートクレーブをご用意しています。 AHS-DRYシリーズの資料請求やパンフレットのダウンロードはこちらから。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。