打撃データロガー ShockLog 248
振動加速度強度

打撃データロガー
打撃データロガー
打撃データロガー
打撃データロガー
打撃データロガー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

測定量
打撃, 振動, 加速度, 強度, 傾斜
接続タイプ
USB
ディスプレイ
ディスプレイ無し
応用
制御用, ストック用, 物流用, バッテリー用, 厳しい環境用
その他の特徴
プログラム可能, バッテリー式, マルチチャンネル, 自己完結型, IP67, 自動レポート生成, モジュール式, 連続, 3軸, 環境用
記憶容量

262,000 unit

詳細

SpotSee の衝撃記録装置 ShockLog 248 を使用すれば、輸送中や保管中の貴重な機器の誤った取り扱いを防止できます。 ShockWatch ShockLog 248 は、使用中、輸送中、保管中を問わず、あらゆる種類の構造物や機器が受ける衝撃や環境条件を監視・記録します。この装置は、損傷が発生した可能性がある場合はいつでも警告を発しますので、迅速に対応することができます。ShockLog 衝撃レコーダは、輸送の各段階における説明責任を高めることで、誤った取り扱いを抑止します。 iButton® により、起動、シャットダウン、セットアップ時のアクセス制御が簡単に行えます。iButton を使用することで、ユニットの安全性と改ざん防止を保ちながら、完全な走行レポートをダウンロードすることができます。 最初のイベントと最も深刻な14のイベントを記録(詳細曲線) 最大128のイベントを通知(イベントサマリーログ) 最大262,000のタイムスロット ショックログ248の特徴 最大ピークX、Y、Zおよび内部温度を記録 衝撃イベントを記録 オプションの温度/湿度センサーをユニットに内蔵可能 現場で実証済みのトライアクセル圧電加速度計テクノロジー iButtonおよびUSBデータ転送オプション ケーブルや配線のない自己完結型ユニット設計 ユーザー定義可能なアラームレベル アラームと警告を視覚的に通知するLEDライト プログラム可能なウェイクアップ値でバッテリー寿命を最大化 IP67準拠、RFスクリーン 衝撃方向を表示-X、Y、Z

---

カタログ

ShockLog 248
ShockLog 248
2 ページ
ShockLog 298
ShockLog 298
4 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。