ボール状軸受 Bearing
ローラー軸方向深溝

ボール状軸受
ボール状軸受
ボール状軸受
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

回転部品
ボール状, ローラー
構造
軸方向, 深溝
素材
スチール製

詳細

ベアリングは、荷重を伝達するためのホルダーとして機能し、その回転に役立つ、内部の圧延要素のおかげで、シャフトとそれに接続された部分との間の摩擦を低減する機械的要素です。 ベアリングの製造に使用できる回転要素は、ボール、ローラーまたは針である。 軸受は、耐えなければならない荷重の方向 (軸方向、ラジアル方向、組み合わせ、またはその両方) に応じて分類することもできます。 ラジアルタイプは、ラジアル荷重に耐えるタイプです。ラジアル荷重は、中心と交差する軸方向の法線方向の荷重 (ホイールなど)、軸と同じ方向の荷重 (ヒンジなど) に耐える場合は軸方向の荷重、両方に耐える場合は軸方向の荷重です。 各ベアリングは、その設計に応じて異なる特性を示し、多かれ少なかれ各アプリケーションに適しています。 最も一般的なタイプは次のとおりです。 -深溝玉軸受 -アキシャル深溝玉軸受 (単列または複列) -円筒ころ軸受 (単列または複列) -円筒ころ軸受-円錐ころ軸受 -針軸受

---

カタログ

Slewing Rings
Slewing Rings
36 ページ
Slewing Drives
Slewing Drives
24 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。