デジタル入出モジュール RIO600
アナログオフセットオートメーション

デジタル入出モジュール
デジタル入出モジュール
デジタル入出モジュール
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

シグナルタイプ
デジタル, アナログ
タイプ
オフセット
応用
オートメーション
その他の特徴
フレキシブル

詳細

リモートI/Oを柔軟に活用できる「RIO600 RIO600は、ABBの保護リレーRelion®シリーズのデジタル/アナログI/Oの拡張、IEC 61850通信を使用したステーションオートメーションデバイスCOM600へのI/Oの提供、グリッドオートメーションアプリケーション用に設計されています。 このユニットは、I/Oの柔軟性を最大限に高め、変電所のバイナリ信号とアナログ信号をシームレスに接続するIEC 61850を提供します。RIO600を使用することで得られるメリットの一つは、変電所内の配線を簡素化し、減らすことができることです。従来の高圧スイッチギヤや変電所の制御・保護システムでは、I/Oの配線が膨大になっていました。しかし、RIO600はスイッチギヤ内に入出力を分散して配置しています。 RIO600は、グリッドオートメーションアプリケーション向けに、FPI(Fault Passage Indication)機能を提供しています。RIO600は、ABBの軽量センサー技術を利用して、高圧ネットワークの電流と電圧を正確に測定します。測定された値に基づいて、RIO600は方向性のある障害通過表示を行い、Modbus TCPまたはIEC 61850 GOOSEを使用して上位システムに報告します。また、RIO600はパワーフローや電力品質のモニタリングも可能です。最先端のマルチ周波数アドミタンス(MFA)ベースの地絡表示により、補償されたネットワークや絶縁されたネットワークの場合でも、高オーム性の過渡的および断続的なタイプの地絡を確実に検出することができます。 RIO600は、Web技術をベースにした機能を搭載しており、Webブラウザベースのヒューマン・マシン・インターフェース(WebHMI)を介して変電所のデバイスやプロセスにアクセスできます。変電所の標準的な監視はすべてWebHMIで行うことができます。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。