食品産業用遠心分離機 ASD-800
床置き横型自動

食品産業用遠心分離機
食品産業用遠心分離機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
食品産業用
設定
床置き
方向
横型
その他の特徴
自動

詳細

容量: 最大約 2.500kgまで。製品および必要な最終湿度グレードに応じて、1 時間当たり。 製品: 葉野菜、硬い野菜。 追加仕様: 低エネルギー消費、低水/空気消費。 柔軟なセットアップの機会により、(既存の)処理ラインに容易に統合できます。 自動野菜遠心分離機 ASDは、いくつかの種類の野菜を自動的に処理するために開発されています。 製品を洗浄した後、それは供給ベルトに直接持ち込まれます。 このインフィードベルトは、バッファリングベルトとしても使用されます。 製品の供給中に、遠心分離機ドラムは背中に均等に移動し、その結果、ドラム内で良好な投薬量が得られる。 その後、それは加速し、製品は遠心分離される。 遠心分離サイクルが終了するとすぐに、ドラムの速度が低下し、製品は徐々に外送りベルトに排出されます。 植物遠心分離機の巧みに設計されたコンパクトな構造は、メンテナンスが容易です。 機械はラインと角度の両方で使用できるため、機械はほぼすべての状況に適用可能であり、将来的には変更された状況に適応することができます。 完全に自動化された遠心分離プロセスは、事前にプログラムされた複数のサイクルを持つ中央制御ボックスと、自分のサイクルをプログラムする可能性によって制御されます。 パッキングシステムと植物処理ライン全体を接続するカスケード・スイッチをオプションで統合できます。

---

カタログ

ASD-800
ASD-800
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。