ロ-タ-造粒機 PPC
プラスチック廃棄物用

ロ-タ-造粒機
ロ-タ-造粒機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
ロ-タ-
応用
プラスチック廃棄物用

詳細

ポリプレックスPPC ホソカワアルパインが開発した「ポリプレックス」という名前の新しいシュレッダー・グラニュレーターは、あらゆる種類のプラスチック材料を小型化するための革新的なソリューションである。 垂直に配置されたシュレッダーローターとグラニュレーターローターを組み合わせたポリプレックスシュレッダー・グラニュレーターです。 この機械のコンセプトは、お客様のご要望に合わせて改良され、ポリプレックス機として市場に投入され、魅力的な価格で提供されています。実際には、異なるプラスチック廃棄物を同時に投入することは、かなりの利点となります。 動作原理 シュレッダー部に投入された原料は、機械式投入装置によりシュレッダー部に投入されます。粉砕前の原料は、重力によって粉砕機部に落下し、粉砕機で粉砕されます。シュレッダーローターが自己投入を可能にしているのに対し、造粒ローターは約5mmの微粉砕を保証しています。供給材料は、チャンネル内に設置されたプッシャーによって供給されます。これにより、最大6メートルの長さの原料供給が可能になります。シュレッダーと造粒機の組み合わせにより、比較的小型の機械で、例えば数百キロまでの機械のパージを、必要に応じてプロファイル、パイプ、トリムと一緒に処理することができます。 テクニカルハイライト 材料の供給。 自己投薬材料の供給 各問題の仕様に個別に対応可能なフィードユニット 飼料材料は継続的にまたはバッチで供給することができます。 コミニーション。 粉砕機の微粒度の値を1段階で表示しています。 扱います。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

HOSOKAWA ALPINEの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。