テ-ブルロ-ラーミル AWM AND AWM-F
縦向き超薄型エアー式分離器付

テ-ブルロ-ラーミル
テ-ブルロ-ラーミル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
回転盤シリンダー式
方向
縦向き
その他の特徴
超薄型, エアー式分離器付
回転速度

最大: 6,000 rpm (37,699 rad.min-1)

最少: 600 rpm (3,770 rad.min-1)

詳細

AWM AND AWM-F 最終製品の微粒度が約20μm~100μmの場合のテーブルローラーミル 好ましい微粒度範囲 d97 = 50 µm 特別な耐摩耗性の鋳造物から成っている粉砕のローラーのはさみ金および粉砕テーブル コニカル研削ローラー、油圧式位置決め機構 ターボプレックス超微分級機をミルのトップセクションに統合 AWM-Fは、AWMテーブルローラーミルをさらに発展させたもので、微粉度範囲はd97=8~40μmとなっています。粉砕ゾーン、粉砕技術、統合された空気分級機は完全に改良され、エネルギー効率が大幅に改善され、標準的なAWMと比較して容量が大幅に増加しました。 動作原理 テーブルローラーミルは、圧力粉砕の原理に基づいて動作するため、脆くても弾力性のあるフィード製品に適しています。製品は粉砕テーブルと粉砕ローラーの間で圧縮応力を受けます。比研削力(接触力を研削ローラーの断面積で割った値)は約0.5~1N/mm²の範囲にあり、材料床の有効圧力は当然高くなります。研削テーブルはモーターと適切なギアユニットによって回転に設定され、周速は2~6m/sの間で使用されます。ギヤユニットは研削ローラの力を吸収しなければならないため、アキシャルフリクションベアリング(セグメントベアリング)が装備されています。 製品は研削テーブルの中心に送り込まれ、遠心力によって研削テーブルを横切って外周に運ばれます。この間に研削ローラーが繰り返し製品の上を転がり、粉砕します。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

HOSOKAWA ALPINEの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。