融解炉 / チャンバー / 電気抵抗 / 空気循環
ELV series

MyDirectIndustryにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
融解炉 融解炉 - ELV series
{{requestButtons}}

特徴

  • 機能:

    融解

  • 形状:

    チャンバー

  • 熱源:

    電気抵抗

  • 雰囲気:

    空気循環, 不活性ガス, 窒素加工

  • その他の特徴:

    カスタム, 高温, プログラム可能, 低エネルギー消費, 胴製品用, 鋼鉄用, 歯科用途用, 実験用, 材料試験機, 冶金, セラミック産業用, ガラス作業用, 非鉄金属用, 貴金属用, エレクトロニクス産業用

  • 容量:

    最少: 1 l (0.3 gal)

    最大: 36 l (9.5 gal)

  • 温度:

    1,300 °C, 1,500 °C, 1,600 °C, 1,800 °C (2,372 °F)

詳細

製品情報 M
SEのリフトボトム炉は、最高1800°Cまでの歯科用セラミック焼成およびガラス溶融用途に最適です。リフトボトム設計により、蓋なしでサンプルを炉内に持ち上げます。 製品は、前面に蓋のないエレベータ機構の基部を用いて炉に持ち上げられる。 均質な温度分布は、キュービック炉チャンバ内に配置された加熱要素によって提供される。
エレベータ炉の最大の利点は、上下移動ベースとサンプルの容易な配置、ガラス脱落や製品の溶融などのベース耐火性の損傷のための技術的なサービスなしで容易に耐火性の変更、加熱要素のより良い保護と少ない露出です蓋のモデルと比較して高温にユーザーのため。
標準機能
•デジタルディスプレイによるプログラム可能なステップコントローラ •
セットと実際の温度の観察 •
遅延起動とプログラム保存機能
•PIDと±1°Cの温度表示感度による温度制御
•過温度、オーディオビジュアル警告アラームのためのシステム保護

熱電対による温度測定
•故障時のエラー表示
•電気エネルギー消費の割合
•停電後にプログラムを再開可能 •
両側の加熱
•排気ガスコンセント
•高品質の繊維とレンガ断熱熱帯
•低エネルギー消費•エレベータ付きボトムデザイン

2層スチール構造による低い外部表面温度(周囲+40℃)
•エポキシ塗装亜鉛メッキ鋼の外側
•高さ調節可能、滑り止めゴム製の足。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)