DCモーター PKP series
5相ステッピング低振動高解像度

DCモーター
DCモーター
DCモーター
DCモーター
DCモーター
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

AC/DC
DC
タイプ
5相ステッピング
その他の特徴
低振動, 高解像度, 永久磁石, 可変リラクタンス, NEMA 17, NEMA 24, NEMA 11
トルク

最大: 6 Nm (4.4254 ft.lb)

最少: 0.052 Nm (0.0384 ft.lb)

詳細

PKPシリーズ5相ステッピングモータは、高トルク、低振動、低ノイズによって強化されたバランスのとれた性能を提供します。 0.72° (500パルス/回転数) & 0.36° (1000パルス/回転数) 新型ペンタゴン巻 線エンコーダ-500ラインの分解能 5相ステッパモータドライバ 別売りのモーターケーブル (*必須) 高精度 一般に、マイクロステップ動作中は停止精度が低下する傾向があります。フルステップ動作よりも高く、この効果は1.8°モーターでより顕著です。 この場合、0.72°/0.36°ステッピングモータとCVD5相ドライバを使用すると、より高い位置決め精度が得られます。 停止精度: 0.72° = ±0.05°(±3アーク分) 0.36° = ±0.034°(±2アーク分) 低振動、低ノイズ 基本ステップ角度が0.72°(高分解能タイプでは0.36°)で小さいため、基本ステップ角度が1.8°の2相ステッピングモータよりも振動やノイズが低くなります。で指定します。 また、5相ステッピングモータとCVD5相ドライバを使用することで、振動やノイズをさらに低減できます。 2相モータの直接交換 当社の5相ステッピングモータは複数のフレームサイズで入手可能になり、標準の2相モータを直接交換できるため、アプリケーションの分解能の向上と振動の低減が可能になります。 ハイブリッドステッピングモータは、可変抵抗モータと永久磁石タイプのモータを組み合わせたものです。 ハイブリッドステッピングモータのロータは、永久磁石ステッピングモータのように軸方向に磁化され、固定子は可変抵抗ステッピングモータのように電磁的に通電されます。 ステータとロータの両方がマルチ歯付きです。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。