回転ドラム粉砕機 TM 500 | <1 µm
横型研究室用ドライ式粉砕機用

回転ドラム粉砕機
回転ドラム粉砕機
回転ドラム粉砕機
回転ドラム粉砕機
回転ドラム粉砕機
回転ドラム粉砕機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

技術
回転ドラム
方向
横型
その他の特徴
研究室用, ドライ式粉砕機用, ステンレススチール製, 可変速度, 湿った, サンプル準備用
回転速度

最少: 10 rpm (63 rad.min-1)

最大: 50 rpm (314 rad.min-1)

詳細

長所 大容量試料の粉砕 ドラムミル TM500は最大35 Lまでの大容量の試料を粉砕するために開発された実験室用のボールミルです。試料投入サイズは20 mmまで可能で、衝撃力と摩擦力により、試料を最大15μmまで粉砕することができます(試料による)。150 Lの粉砕ドラムに80kg 分の粉砕ボールを投入し、硬くて脆いものや繊維質な試料の粉砕を行います。回転数は10~50 rpmで設定ができ、100時間の長時間運転にも対応しています。食品の粉砕にも使用可能なグレードのステンレス316Lに対応したホッパーや粉砕ドラムも取り扱っています。 簡単操作 試料投入用ホッパーや試料分割用スクリーン(別売り)を使用することで、大量の試料や粉砕ボールを容易に投入、分割することができます。粉砕ドラムも簡単に扱うことができ、粉砕ドラム内も電子チルト機能により簡単に空にすることができます。専用のタッチディスプレイでは、スタート/ストップ、回転数の設定、運転時間の設定、インターバルモードの設定を行えます。インターバルモードは熱に弱い試料を粉砕する場合に使用します。順回転と逆回転を組み合わせたインターバルを設定すると、試料の固着がしにくくなります。安全のための緊急停止スイッチも付いています。

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。