焼成用炉

18 社 | 63
{{#pushedProductsPlacement4.length}} {{#each pushedProductsPlacement4}}
{{product.productLabel}}

{{product.productLabel}} {{product.model}}

{{#if product.featureValues}}
{{#each product.featureValues}} {{content}} {{/each}}
{{/if}}
{{#if product.productPrice }} {{#if product.productPrice.price }}

{{product.productPrice.formattedPrice}} {{#if product.productPrice.priceType === "PRICE_RANGE" }} - {{product.productPrice.formattedPriceMax}} {{/if}}
{{/if}} {{/if}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement4.length}}
{{#pushedProductsPlacement5.length}} {{#each pushedProductsPlacement5}}
{{product.productLabel}}

{{product.productLabel}} {{product.model}}

{{#if product.featureValues}}
{{#each product.featureValues}} {{content}} {{/each}}
{{/if}}
{{#if product.productPrice }} {{#if product.productPrice.price }}

{{product.productPrice.formattedPrice}} {{#if product.productPrice.priceType === "PRICE_RANGE" }} - {{product.productPrice.formattedPriceMax}} {{/if}}
{{/if}} {{/if}}
{{#if product.activeRequestButton}}
{{/if}}
{{product.productLabel}}
{{product.model}}

{{#each product.specData:i}} {{name}}: {{value}} {{#i!=(product.specData.length-1)}}
{{/end}} {{/each}}

{{{product.idpText}}}

{{productPushLabel}}
{{#if product.newProduct}}
{{/if}} {{#if product.hasVideo}}
{{/if}}
{{/each}} {{/pushedProductsPlacement5.length}}
焼成用炉
焼成用炉
AAF 11/3 / AAF 11/7

容量: 3, 7 l
温度: 1,100 °C

AAFシリーズは、試料を完全に燃焼させる最適な灰化条件を実現するために設計された灰化炉です。 灰化に必要な流量の空気は予備加熱され炉内部へ導入され、またヒーター部へのカーボンの付着を防止するために、硬質アルミナまたはシリコンカーバイド製タイルでヒーター部を保護しています。 灰化用途だけでなく汎用目的の加熱処理も検討される場合は、1200℃まで加熱可能なAAF 12/18が最適です。 標準仕様 常用温度1000℃(最高温度1100℃) 標準仕様の温調器は、PID制御301型です。設定温度、昇温速度、設定温度での維持時間を調整することが可能です。 広い炉床面積により多くの試料のレイアウトが可能です。 食品、樹脂、石炭、炭水化物等の試料に最適 ISO ...

その他の商品を見る
Carbolite Gero
焼成用炉
焼成用炉
AAF 11-12/ series

容量: 18, 32 l
温度: 1,100, 1,200 °C

AAFシリーズは、試料を完全に燃焼させるために最適な灰化条件を満たすよう、特別に設計された灰化炉です。 灰化の他に試料の熱処理を行う研究室にはAAF 12/18が最適です。AAF 12/18は他のAAFと同様灰化に適したデザインでありながら、最高使用温度はより高温の1200℃です。 標準仕様 常用温度1000℃(最高温度1100℃)、常用温度1100℃(最高温度1200℃) PID301温調器:シングルランプとプロセスタイマ 2段ラックによりより多くのサンプルを配置できます。 サンプルトレイとローディングツールが付属しています。これにより多くのサンプルを取り扱うことができまます。 食品、樹脂、石炭、炭水化物等の試料に最適 予熱された空気を炉内に導入されるため優れた均熱性を有します。 ヒーター素子は、炭化物の堆積や腐食を防ぐために、シリコンカーバイド製タイルで保護されています。 2面加熱方式 オプション ...

その他の商品を見る
Carbolite Gero
焼成用炉
焼成用炉
AAF-BAL

容量: 17 l
温度: 0 °C - 1,100 °C

AAF-BAL熱重量分析 (TGA) 炉には重量計が搭載されています。これにより、加熱中のサンプルの重量変化を監視しなければならないLOI (Loss On Ignition)用途で使用することが出来ます。 AAF-BAL灰化炉には天秤が取り付けられており、 LOI用途で使用することが出来ます。例えば堆積物、スラッジ、土壌、廃棄物等の有機物含有量の測定に必要とされる加熱中のサンプル重量変化が監視できます。また、セメント、石灰、焼成ボーキサイト、耐火物等の無機材料試験に使用することもできます。 標準仕様 PID301温調器:シングルランプとプロセスタイマ ヒーター素子は、炭化物の堆積や腐食を防ぐために、シリコンカーバイド製タイルで保護されています。 2面加熱方式 天秤は温調機と独立しています。 PC経由で重量変化を記録できるソフトウェアが天秤に付属しています。 天秤の最大秤量は3kg(最小表示は0.01g)です。異なるレンジの天秤も選択可能です。 オプション ...

その他の商品を見る
Carbolite Gero
酸化炉
酸化炉
EASYLAB 304 S

温度: 0 °C - 1,100 °C

... EASYLAB 炉の主な特徴- ミネラルファイバー断熱材。 - 全自動デジタルコントローラー(セルフチューニング機能付き - ウィークリータイムスイッチ - 電気パネルボード、IP55シリーズ - 人間工学に基づいた手動式ドア - 高温部を危険なく処理するためのワークテーブル - 耐圧規格に準拠。 - 耐火鋼合金プレート(モデル304 S)。 - 気密性の高い耐火鋼合金のマッフル(モデル304 S/AC)。 硬化前の加熱用ツール - 技術指導。 - 研究室の様子 ...

焼結炉
焼結炉
NA series

容量: 30 l - 675 l
温度: 450 °C - 850 °C

... 空気循環を有するチャンバー炉は、特に非常に良好な温度均一性によって特徴付けられる。 その結果、焼成や乾燥などのプロセス(セラミック材料など)に適しています。 空気中または不活性雰囲気中で安全に脱結合するための脱結合炉としての設計が可能である。 空気中の脱結合に使用する場合、排気ガスは新鮮な空気によって希釈され、炉室内の炎症性雰囲気を確実に防ぎます。 不活性ガス下で行う必要がある脱結合プロセスには、残留酸素含有量が最大 3 % のIDBパッシブ安全コンセプトを推奨します。Tmax ...

その他の商品を見る
Nabertherm
チャンバー炉
チャンバー炉
M series

容量: 5 l - 45 l
温度: 1,100 °C - 1,800 °C

... 製品情報 名前が示すように、チャンバー炉は、長方形のプリズムの形で内部使用領域を持っています。 当社のチャンバー炉は、融解、熱老化、金属熱処理、焼結焼成、焼戻し、ノーマライズ、ストレス緩和、化学分解などを実行することを可能にするために、広い温度範囲での使用を提供します。 標準機能 •デジタルディスプレイによるプログラム可能なステップコントローラ • セットと実温度の観察 • 遅延起動とプログラム保存機能 •PIDと±1°Cの温度表示感度による温度制御 •過温度、オーディオビジュアル警告アラームに対するシステム保護 •熱電対による温度測定 •故障時のエラー表示 • 電力消費の割合 ...

熱処理炉
熱処理炉

温度: 0 °C - 850 °C

... MSE 回転式管状炉は、粉粒体の動的乾燥、焼結、焼成、その他の熱処理用に特別に設計されており、粉粒体の焼成に適しています。焼成プロセスは、材料の融点以下の温度で行われます。熱処理中の運動エネルギーにより、製品の均質性が向上し、短時間での処理が可能になります。 炉内での製品の滞留時間は、回転速度と傾斜角度の両方で調整することができます。 供給装置が付いている管に供給された粉の穀物は回転および斜面の効果の管の長さを混合することの間に熱処理に服従します。完成品は管の端部から出てきます。回転式管状炉の場合は、無酸素、還元雰囲気、冷却システム、自動供給システムなどのオプション機能が好ましい場合があります。 炎のバリア/保護ガスの流れが酸素を防ぎます。炉内には還元雰囲気が形成されています。回転式管状炉は、お客様のご要望に応じて、製品の工程・能力に合わせて生産されます。 標準機能 > ...

焼成用炉
焼成用炉
ZTG series

焼成用炉
焼成用炉
CWF

温度: 1,100 °C - 1,300 °C

... これらは、それぞれ1100 ℃、1200 ℃、1300 ℃ の最高温度と1300 ℃ の実験室室炉(CWF)です。 それはそれに応じて5、13、または23リットルのチャンバー容量を持っています。 チャンバは、チャンバの両側にある自由な放射コイル状のワイヤのおかげで良好な熱均一性を有する。ヒーターは、通常のスラブ設計が提供する半分以下で加熱することができる。 また、チャンバー内の耐火断熱材を使用して耐摩耗性を提供します。 フレームは硬い陶器の炉床をベースにしているため頑丈です。 ...

回転炉
回転炉

... セメント用ロータリーキルン セメントロータリーキルンは、乾式と湿式の2種類があり、セメントクリンカー焼成の生産ラインの主な設備です。Y.H.Heavy社製のロータリーキルンは300t/d~5000t/dのセメント生産ラインの要求を満たすことができます。スムーズな運転、高品質な製品、低エネルギー消費という利点があります。 速度 :0.25-5r/min キルンの傾斜角度:3.5%~4.0 生産能力:300~5000t/d 適した材料:クリンカー、石灰石、ボーキサイト、ベントナイトクレー、活性石灰など。 用途:セメントロータリーキルンは、セメントクリンカーの乾式及び湿式プロセス生産ラインの主要機器であり、様々なセメントプラントに適用されています。 特徴 1、安定した運転、操作しやすい Y.H.Heavy社のセメントキルンは、安定した構造と安定した運転が特徴です。焼成システムは国際先進的な推力装置を採用し、性能が安定していて、操作が簡単で、製品の品質が良いです。 2、300t/h~5000t/dの生産ラインを満足させる幅広いアプリケーション 異なった要求を満たすために、顧客の要求に基づいて技術的な変換を行うことができます。 3、 ...

焼きなまし炉
焼きなまし炉
13/1100 LED

容量: 13 l
温度: 1,100 °C

... 高精度電気マッフル炉SNOL 13/1100 LEDは、プロセスの前、中、および後の材料の重量を量る追加の天びんの助けを借りて、燃焼損失の測定(点火の損失)のために設計されています。 これはまた、プロセスの完了について通知することができます — 重量が減少しなくなるとすぐに. 熱処理中に放出されるガスまたは煙を排除するために、排気システムを追加で設置することができる。 これは、例えば、堆積物、汚泥、土壌、廃棄物、またはセメント、石灰、焼成ボーキサイト、耐火物などの無機材料など様々な材料で使用され、炉は、科学研究所、教育機関、セラミックスタジオに最適です医学と産業。 ...

その他の商品を見る
SNOL
融解炉
融解炉
HT series

容量: 4 l - 52.5 l
温度: 1,400 °C - 1,820 °C

... 最高2100℃のチャンバー炉、高温、ガス密度、TMAX 2100 °C、3-52.5 Lまでの 応用: ろう付け、焼成、校正、結晶成長、焼成、発射、宝石の熱処理、溶融、酸化、還元、焼結 最も重要な特性: MoSi2、モリブデン、タングステンまたはグラファイトヒーターによって加熱された抵抗 チャンバー炉 ガス密閉 最大動作温度 2100 °C 高品質のセラミック繊維、グラファイトフェルトまたは多孔質アルミナレンガの組み合わせによる 絶縁非常に短い加熱アップと冷却サイクル高エネルギー効率 カスタマイズのためのオプションの広い範囲 高品質 ...

その他の商品を見る
Linn High Therm
焼成用炉
焼成用炉
PAF Series

容量: 6.3 l - 12 l
温度: 1,100, 1,200 °C

... PAFシリーズは、石油、食品、プラスチックなどの製品からの「焼成工程」中にカーボンが堆積する重い焼成用途に推奨されます。 予熱された空気入口システムと横向きの開口フタを備えたPAFシリーズは、特に実験室環境での焼入れ用に設計されています。 特別な吸気および排気システムにより、炉内での空気交換が可能です。 入ってくる空気は予熱され、完全な温度均一性を提供します。 PAFシリーズは、余分な石英保護された加熱要素を備えており、炉の耐用年数が長くなります。 カスタム設計の垂直回転ドアは、熱と煙をオペレータから離し、炉をより狭いスペースに収めることができます。 ...

焼成用炉
焼成用炉

その他の商品を見る
Keith company
焼成用炉
焼成用炉
SX series

容量: 2, 7, 12, 16 l
温度: 100 °C - 1,200 °C

... 製品説明: 1. ミラーステンレス製の口、長期間使用しても色が変わりません。 2. 輸入二重絶縁セラミックライナー、安定した性能 3. 真空は、多結晶ムライト繊維炉、高効率絶縁を形成します。 4. ダブルシェルでは、エアースリーブが絶縁され、ダブルガイドエア通路が絶縁されています。 5.高精度のマイクロコンピュータコントローラと精密センサが完全に統合され、温度が正確です。 SX4モデルはまた、次の特性を持っています: 1.インポート時間制御システムと高感度、応答、高精度と良好な安定性と高精度センサー。 ...

焼成用炉
焼成用炉
EAF, ECF series

... サンプル調製および冶金試験装置の設計および製造の自然な拡張として、エッサはアッセイラボの他の分野で高品質な装置の必要性を認識しています。 そのため、ブレンダーとミキサー、火災検査、焼成および灰化炉、複数の火災検査ルツブルローディングおよび注射システム、加えてXRFおよびXRDプレスを含む実験装置の選択を提供しています。 エッサはまた、パース事業からの完全な供給能力を提供しています。 ラボ用品や機器の幅広いスペクトルは、そのような物資を入手することが困難な地域のお客様に容易に発送できます。 ...

焼成用炉
焼成用炉
Fercalx

... FERCALX 垂直ライムキル * スリーウェイ圧力システム * は、現在、経済的かつ技術的に賢明です。石灰石の焼成プロセスに関する限り、市場で入手可能な最新のソリューションです。 Single Shaft Kilnは、そのコンセプトのシンプルさと高度な技術を組み合わせ、あらゆる産業ニーズに対応する石灰生石灰とドロマイト石灰を製造しています。 いくつかの特許によって認定された革新的なソリューションは、窯システムに適用され、保留中の特許は、CO2 残留含有量(< ...

予熱炉
予熱炉
MD13 series

容量: 5, 10, 20, 40, 60 l
温度: 1,250, 1,300 °C

... MedlineのMD1305, 5リットルチャンバー炉は、品質、安全性、信頼性を損なうことなく、強力なレベルの汎用性を提供します。 炉は、品質管理試験、灰化、熱処理、予熱、溶解、冶金研究、サンプル生産に使用することができます。当社の製品は、ヘビーデューティーな条件のために生産されています。 - 機械的な摩耗、熱老化および変形に対する保護を備えた絶縁耐火レンガで構成されたチャンバーの壁 - 2面と上部に隠しヒーター(石英管内に収納 - タイトなドア閉鎖機構全方向に同様の熱損失があるため、チャンバー内の温度勾配が均一になる - ...

焼成用炉
焼成用炉
ø3.2×50

焼成用炉
焼成用炉
RFD series

温度: 1,300 °C
長さ: 150, 200, 300, 400 mm
: 150, 200, 300, 400 mm

... 実験室の高温の陶磁器繊維のマッフルの炉の低価格 実験室の高温陶磁器繊維のマッフルの炉の低価格 適用。 高温炉/マッフル炉は、ポリマー、ポリエチレン、ポリエステル、ナイロン、コルクなどの材料の灰分を測定するために使用されます。 実験室用高温セラミックファイバーマッフル炉の低価格化 特徴 1.高品質の耐火物を使用し、繊維モジュールや軽量セラミックを形成します。 2.マイクロPID+SSR+タイマー、精密で信頼性の高い制御 3.背面の壁には通気口があり、ファンや触媒装置との接続が可能です。 4.漏電遮断器を備えており、個人の安全を守ることができます。 ...

マッフル炉
マッフル炉
MF series

温度: 500 °C - 1,200 °C

... マッフル炉は、超高温で試料の物理的性質を変化させるために使用される箱型の熱処理装置です。これらの実験炉は、物理学研究室の科学実験、米の研究室、鉄鋼・塗料産業、バイオテクノロジー企業、小規模な工業生産などで広く使用されています。 主な用途としては、一般的な実験室でのテスト、アニーリング、灰分の決定、石炭分析、葉の炭化、石灰のか焼などがあります。その他の用途としては、着火試験、鉄鋼部品や歯車の熱処理、石炭のサンプリング、有機・無機の灰化、化学分析、土壌・骨材のセメント試験、ガラス吹き実験室、プラスチックの引張強度試験、重量分析、歯車の熱処理、クエンチ試験、化学の研究施設、アニーリングロスの決定、コーティングやセラミックの開発、米の実験室、炻器のサンプル焼成などがあります。 標準機能 ...

管状炉
管状炉
TF

温度: 1,800 °C

... 管状炉は、ガス/真空雰囲気下でのサンプルテスト用に設計されており、カスタマイズされたサイズと水冷式フランジのオプションが用意されています。炉の最高設計温度は1800℃までです。 様々なアプリケーションには、エージング、アニーリング、ブレージング、カルシネーション、触媒研究、CIM、コーティング、CVD、脱ガス、乾燥、硬化、MIM、ミニプラント、熱分解、焼結、はんだ付け、昇華、合成、焼き戻し、テスト燃料電池、熱電対校正などがあります。テンペンス社は、様々なサイズの管状炉、1800℃までの温度範囲の管状炉を幅広く取り揃えています。 標準機能 - ...

焼結炉
焼結炉
BLF

温度: 1,200, 1,400, 1,600, 1,800 °C

... ボトムローディング炉は、チャンバー内の均一な温度分布と、リフトアップ機構によるサンプルの容易な搬入・搬出を目的として設計されています。ボトムローディング炉は、温度の均一性や製品の品質を犠牲にすることなく、多様な加熱-冷却サイクルを実現するのに最適です。これらの炉は、酸化物セラミック部品(アルミナ、ジルコニアなど)、テクニカルセラミックス、同時焼成基板材料、コンデンサ、フィルタ、サーミスタ、フェライトなどの焼成、焼成、焼結に適しています。 この高温ボトムローディング炉には、乾燥機能と強制冷却機能が追加されています。残留乾燥では、規定の温度まで加熱している間、炉は隙間なく開いたままとなり、確実に水分を除去します。促進冷却では、プログラム制御により炉が段階的に自動開放されます。 ...