焼きなまし炉 1318
焼戻し可溶化硬化

焼きなまし炉
焼きなまし炉
焼きなまし炉
焼きなまし炉
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

機能
焼きなまし, 焼戻し, 可溶化, 硬化
形状
チャンバー
熱源
ガス
その他の特徴
自動
温度

1,150 °C (2,102 °F)

奥行き

3,500 mm (137.8 in)

3,500 mm (137.8 in)

高さ

1,000 mm (39.37 in)

詳細

バス自動ラインは、鋼部品の熱処理を実行するために、として様々なプロセスを実行することができます:正規化、オーステナイト化、焼鈍、可溶化、焼戻し、異なる流体(水、ポリマー、油)および空気焼入れで焼入れを行う。最大バッチ重量は20Tで、1.150℃まで処理されます。急冷槽には4台のカプラン攪拌機と水冷装置があり、総容積は210 m³です。焼準処理は、3つの強制冷却キャビンで行われます。処理中の負荷の温度を記録・監視するために、Wi-fi負荷温度取得システムが使用されています。 バッチライン構成機器 - チャンバー炉 3基 - 攪拌機付き急冷タンク 1基 - 強制冷却ステーション 3基 - ストレージステーション 5基 - ローディング/アンローディングトランスファーステーション 1基 - 自動ローダー(容量20 T)ガントリーレームタイプ、4軸移動式 1台 - Wi-fi負荷温度取得システム 1台 - 顧客管理システムとの完全統合に対応したカスタムメイドの監視システム

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Gadda groupの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。