ロ-タ-造粒機 Kompaktor ARC K

ロ-タ-造粒機
ロ-タ-造粒機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
ロ-タ-

詳細

Kompaktor Kは主に化学工業の粉体処理に使用されます。しかし、このKompaktorは製薬業界でも使用されています。ここでは、有効成分の混合物を顆粒に加工します。 そのため、まず粉末をプレスしてフレーク/ペレットにします。これをフレーククラッシャーやスクリーングラニュレーターで粉砕して顆粒にします。 Kompaktor Kは、プレス力全体にわたって安定した平行なローラーギャップを提供します。 このため、一方的な過剰圧縮が避けられます。従って、この機械は、特に圧力に敏感な製品に適しています。 Kompaktor Kは、プレス力制御を標準装備しています。品質に関連するプレス力を継続的に記録し、制御することができます。そのため、プロセスを検証することができます。 用途 大量ロット用生産機 プレス力が強い場合 温度に敏感な製品の場合 技術的詳細 調整可能なロールギャップ 冷却可能なローラー 真空脱気 最大 900 kg/h の高処理能力 予備および二次粉砕 自動供給ユニット

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

HOSOKAWA ALPINEの全カタログを見る

見本市

この販売者が参加する展示会

ACHEMA 2024
ACHEMA 2024

10-14 6月 2024 Frankfurt am Main (ドイツ)

  • さらに詳しく情報を見る
    *価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。