回転式アクチュエータ MT-M series
電動複動工作機械用

回転式アクチュエータ
回転式アクチュエータ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

動作
回転式
タイプ
電動
技術
複動
その他の特徴
工作機械用

詳細

ロータリー軸用トランスミッションモジュール 背後のロータリー軸用トランスミッションモジュールは、トルクモータが作動する回転素子に直接接続するダイレクトドライブアプリケーションの原理の変形です。 この場合、メーカーは、他の要素、すなわちベアリング、エンコーダ、クランプ装置、冷却回路の構造とモータを統合する必要があります 私たちのモジュールでは、代わりに、これらの要素は、機械から抽出され、ベアリングを介して、トルクモータと統合されていますTechnaiがその目的に特化した設計です。 一例として、回転フライステーブルを作成します。 ここでは、MTモジュールを支持ベース(例えば、垂直フライス盤の固定ベンチに統合)と統合する必要があり、適切な形状と構造のワークテーブルは、回転軸のベアリングインターフェースに適合されます。 製品範囲は、それぞれのステータ直径に対応する3つの主要なサイズで構成されています:MT-360、MT-500、MT-660、それぞれ異なる長さとオプションを持ち、複数の構成と構造に合わせてカスタマイズします。 用途のタイプ : •可動式カラムフライス盤 •中型ガントリーおよびポータルフライス盤 •垂直/水平マシニングセンタ 主な革新と利点 •統合されたダイレクトドライブ技術 •非常に競争力のあるコスト/性能比 •機械/テーブルインターフェース設計が 簡単 •取り付けの容易さとスピード •合理的な組み立てと部品数が少ないため信頼性と精度 •メンテナンスフリー •限られた振れ •高い剛性 •位置決め精度 •高性能油圧クランプインデックス付き加工

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。