静水圧レベルプローブ DCL 551
オイル用排水用燃料用

静水圧レベルプローブ
静水圧レベルプローブ
静水圧レベルプローブ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

原理
静水圧
媒体
排水用, オイル用, 燃料用, アグレッシブ液体用
インターフェイス
Modbus, RS-485
応用
貯蔵タンク用, 充填監視用, 業務用
その他の特徴
ステンレス鋼, 水中, 温度補償型, 耐腐食性, IP68
測定範囲

最少: 0 m (0'00")

最大: 200 m (656'02")

圧力

最少: 0.04 bar (0.58 psi)

最大: 20 bar (290.08 psi)

プロセス温度

最少: -25 °C (-13 °F)

最大: 125 °C (257 °F)

詳細

RS485インターフェースを備えたステンレス製プローブDCL 551は、通信プロトコルにModbus RTUを採用しており、産業用通信においてオープンなプロトコルとして普及しています。Modbusプロトコルはマスタースレーブ方式を採用しており、1つのマスターで最大247台のスレーブに質問することができ、データはバイナリ形式で転送されます。 DCL 551は、下水や粘性・ペースト状の媒体の静水圧レベル測定用に設計されています。 基本要素は、堅牢で高い過圧能力を持つ静電容量式セラミックセンサーです。 特徴 - 公称圧力:0 ....40 cmH2O から 0 ...200 mH2O - 精度:0.35 % (opt. 0.25 %) FSO - 出力信号RS485、Modbus RTUプロトコル - 直径39.5 mm - 優れた長期的安定性 - 下水、粘性、ペースト状の媒体に最適 オプション機能 - ダイヤフラムセラミックス Al2O3 99.9

---

カタログ

BD|SENSORS GmbHのその他の関連商品

SUBMERSIBLE probe

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。