絶対圧力センサ 101B(C)
ピエゾ抵抗型圧電型アナログ式

絶対圧力センサ
絶対圧力センサ
絶対圧力センサ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

タイプ
絶対
技術
ピエゾ抵抗型, 圧電型
出力シグナル
アナログ式
設置
ねじ取付型
その他の特徴
ステンレススチール製
温度

最大: 125 °C (257 °F)

最少: -40 °C (-40 °F)

圧力範囲

最大: 600 bar (8,702.26 psi)

最少: 0 bar (0 psi)

詳細

モデル101B(c)圧力センサー(PS)は、101BシリーズPSの1(例:101B(a19G)または101B(a19L))を内蔵したカスタマイズされたハウジングを特長としています。 その結果、101B (c) PSは、ハウジングと一体型 PSによって形成された内部キャビティ構造を有する。 内部キャビティのすべての材料は316Lステンレス鋼で作られており、圧力媒体に直接接触します。 カスタマイズされたハウジングのおかげで、様々なねじ(例えば、G1/4)と六角形(例えば、SW27)を製造し、異なる圧力アプリケーションに適合するようにこのPSを機械的に取り付けることができます。 101B (c) PSは主に、裏側にSSC(センサー信号コンディショナ)、M24x1スレッドを介したSSC 用ハウジング、電源と信号出力用のコネクタの両方を追加することにより、圧力変換器を構築するために使用されます。 作動圧力は、101B(c)PSのコアとして機能する内蔵 PS(例えば、101B(a19G))によって測定されます。 101B (c) PSの動作原理は、統合 PSによって決定されます。 圧力媒体は、101B (c) PSの内部キャビティ内に導入するために、液体またはガスを希釈する必要があります。 ステンレス鋼の接液部により、316Lステンレス鋼に適合する限り、圧力媒体は腐食性または導電性である可能性があります。 101B (c) PSごとに、0 〜 50 ℃ の温度範囲に対してアナログ方式で温度補償が行われています。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。