焼成用炉 GSM series
分析チャンバー電動

焼成用炉
焼成用炉
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

機能
焼成用, 分析
形状
チャンバー
熱源
電動
容量

8 l (2.1 gal)

温度

最大: 1,100 °C (2,012 °F)

最少: 0 °C (32 °F)

詳細

GSMシリーズは、炉の断熱材の材料であるアルミナやシリカ等の粉塵が混入することで悪影響を受けてしまう試料を灰化するために、炉の内壁を溶融石英で構成しています。 溶融石英の内張りが、硫酸、硝酸、塩酸等、腐食性物質の蒸気を封じ込め、ヒーター素子を保護します。 炉の内壁が溶融石英で覆われているため、オプションのガス導入口を選択した場合、導入ガスの漏洩が最小化されます。 標準仕様 常用温度1100℃(最高温度1200℃) 炉内が石英ガラス製なので、アルミナ、またはシリカが分析結果に悪影響する場合に最適です。 炉内壁は、硫酸、硝酸、塩酸のような腐食性物質に対して耐性があります。 モジュール化されたセラミック製のドアシールが装着されています。 4面加熱方式 (両側面、上面、炉床) オプション (注文時に御指定ください) 炉内雰囲気を調整するガス導入口 (石英ガラス製の炉内壁を使用しているので、不純物付着のリスクが低減されます。) 試料トレーとラック マルチセグメントの温度プロファイル設定が可能な温調器やデーター計測器の選択が可能です。これらは、RS232・RS485・イーサーネットによる通信が可能です。

カタログ

この商品のカタログはありません。

Carbolite Geroの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。